車両パーツの格安通販店格安パーツ通販店

nsx-r94.jpg

NSX日記の目次 手(パー)

ブラウンGP 圧倒的な速さでフロントロー独占 (F1オーストラリアGP予選) 

ドアマットチームの逆襲〜(^_^)v ブラウングランプリ。

F1オーストラリアGP予選フロントロー独占ひらめき 
今回は、今 話題のブラウンGPの話し〜手(パー)


rbp001.jpg


BGP001・・・このマシン、NSX日記の中で、
何度も報告していた車なのですが、ホンダが、
昨年の 一シ〜ズンを棒にふってまで開発に
勤しんんでいた、2009年参戦用のシャシーで、
RA109をベースにしている物です。

ホンダとしては、現在世界を荒らし回っている、
未曾有の大不況が なんとも恨めしい限りですな〜がく〜(落胆した顔)

ロスブラウンの下 いま騒がれているこのマシンが、
ホンダの車としてF-1界を、牛耳るはず・・・
だったわけですから その無念さは想像に容易い。

さて、このブラウンGPについてですが・・・

何処に行くやら危惧されていた頃、突然の決着の末
それまでホンダF-1チームプリンシパルを務めていた
ロス・ブラウンの下へ譲渡が決定されて・・・、

と思った翌日、ロス・ブラウンGPのチーム体制が
発表されたと思ったのも束の間、次の日になり、
ホンダの隠し玉が、いきなりBGP001と命名され、
早々と、シェイクダウンを 行いました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ホンダが、一年間開発に勤しんだ車がこれで、
今全世界を覆う 世紀の大恐慌が もう一年遅ければ、
この車がホンダをしょって サーキットを闊歩のはず。

ベールを脱いだ、BGP001なるホンダの秘蔵っ子、
その資質は、実際愕くべきものだったのですなひらめき
なんと昨日の予選で 楽々1位 2位を独占してしまい、
事前の噂は、本物だった事を証明してしまいましたな。


少し、そのスペック等を載せておきますか〜(^^)/

昨シーズンの早くから、今シーズンを見据え設計、
開発に着手していたため、空力デザインに他社と比べ
際立った、新しいコンセプトが用いられていますぞ。


     ★ブラウンGP BGP001(元のRA109)主要 ★

    シャシー構造 カーボンファイバー及びハニカム構造
    サスペンション ウィッシュボーン型、
    プッシュロッドトーションバー&ダンパー

    ダンバー ザックス製

    ホイール BBS製鍛造マグネシウム

    ブレーキ ブレンボ製キャリパー、
    ディスク及びパッド(カーボン素材)

    ステアリング ラック&ピニオン(パワーアシスト付)、
    カーボンファイバーステアリングホイール

    エレクトロニクス FIA(MES製)
    標準コントロールユニット

    トランスミッション カーボンコンポジット
    メインケース、電子油圧制御7速セミオートマチック

    クラッチ カーボンプレート

    <ディメンション>
    全長 4,700mm
    全高 950mm
    全幅 1800mm

    <エンジン主要諸元>
    エンジン名称 メルセデス・ベンツ FO108W
    排気量 2.4リッター
    気筒数 8
    最高回転数 18,000rpm(FIA 規定に則る)
    Vアングル 90°
    ピストン口径 98mm (FIA規定)
    バルブ数 32
    重量 95kg (FIA規定最低重量)
    燃料 Mobile1製無鉛(5.756%のバイオ燃料含む)
    潤滑油 Mobile1製


RC45.jpg

良い天気なので、本日は NSX-Rでの出勤でなく、
愛車 RC45での出社なんですが、仕事も片付き、
この記事更新後は、プチツーリングでもしながら、
遠周りをして、帰宅することにしましょうか〜るんるん


タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:11 | モータースポーツのお話し

NSX-Rにて出勤シリーズの続編 & 09'F-1シーズン開幕〜♪

NSX-Rでの通勤シリーズの続編〜(^_^)v

最初から、パワステも エアコンも、
そして、音楽を聴く機器すら付いていない
我が愛車 NSX-R君 タイヤのエアー漏れをきたし
とりあえず、バルブのみの交換と言う事で
かたをつけましたが この際ですから、
もう少し、悪い所はないかと3連発での出勤。

nsx-r4.JPG

少しクラッチの切れ悪くなって来ているのが、
不安材料なのですが・・・、この部分、
ディーラーでお願いすると、クラッチ板のみの
交換は腕の良いメカがおる場合は無理やり
お願いすれば やってくれもしますが・・・、

一般的に アッセンブリでの作業をされてしまい、
法外な金額を送り付けられますから、
NSX NSX-R初心者の方は 注意する必要が手(パー)

今はどうだか知りませんが、以前 NSXの時の
請求額は、部品代だけで10万円弱もしました。
それに伴う各パーツと 作業工賃なんかが
ドバ〜っと含まれる訳ですから、言わずもがながく〜(落胆した顔)

そこで、何が何でも純正でなきゃ、絶対嫌だ、
と言う人を除けば、社外品をお勧めします。

まあ、NSX-Rの場合ですと とんでもない
シビアな精度で組みつけられていますから、
リフレッシュプランの時に全ての事を行う方が、
街のチューナーや整備屋さんなどより安心ですが、

スタンダードNSXの場合は、ここまで神経質に
ならずとも、車自体が それなりですから
かなり・・・、と言うより ホント相当に、
財布への負担が和らぎますので、お勧めです。

ディーラーでの裏ワザとして、エンジン脱却整備を
同時にぶちかませばトータル工賃は安くなります。

例えば、恒例のベルト交換や エキパイ交換・・・
或いはタイプR用デフ&ファイナルのポン付け交換
実はこれ、簡単で効果大、お値打ちお勧めセット揺れるハート

私の愛車 NSX-Rの場合、1年後に NSXの匠集団
リフレッシュプランへの再々入庫の予定が
すでに決まっておりますから、それまでの間
クラッチなりを騙しだまし、使う事になります。
それもあって、あまり乗らずじまいなのですなわーい(嬉しい顔)

それと、トランクのダンパーも寿命のようです。

nsx-r.jpg


もう少し、スタンダードNSXに お乗りの方に、
アドバイスのような物を授けておきますと・・・、
断然、タイプRのクラッチの方が気持ちが良いです。

実はタイプRのそれは、ダンパーが無いだけで
クラッチ自体はノーマルNSXも同じなんです。
ただ NA1はツインプレート、NA2はシングル。

ダンパーがないだけで、相当にフィーリングの
改善があります、タイプRの方が断然気持ちが良い!
かっしりとしたダイレクト感が強く、また、
その繋がり具合が とても分かり良くてお勧め。
比較的簡単にノーマルNSXに、移植できますぞるんるん

・・・、と タイプRにて、連発で通勤した都合、
スタンダードNSXと、NSX-Rとの相異などを久々に
感じながら、日記の更新をしているところですが、
まあ 大人しく長〜く乗る分には いろいろと
気を使わなくて済む 普通のNSXがお勧めですな〜、

が 結論でしょう、改めてそう思う通勤でしたね手(チョキ)
明日は、もちろん RC45での、バイク通勤です。

RC45.jpg
車なんか、乗ってられるか〜の季節!でござる。


と、休憩中にテレビを点けますれば・・・
09'シーズンのF-1のフリー走行が行われております。
さあ、期待のブラウンGPの実力は、如何なもんか〜。

rbp001.jpg
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:30 | NSX-R

久々に 出ました〜我が永遠の友?、NSX-R君。

NSX-R君、ひと月ぶりに通勤に足で登場です(^_^;)

ここんところ、全く音沙汰無し状態で ほぼ
冬眠中だった、ヘルニア製造車の我が良き友
NSX-R なのですが、燃料が殆んど、空に近づき、
仕方なく、本日の通勤快速として引っ張り出し、
腹いっぱいに ハイオクを食らわしてきましたが、

流石に燃費は最悪・・・と言うより、全然乗らず
ただ 車庫で時々エンジンに火を入れて、
オイルが下がらないようにしていただけですから
当然と言えば当然の結果で、なんと6キロ/リッター。

nsx-r3.JPG

400キロ少々で、70リッター近くを飲み込み
帰りは、50キロほど重量が増した影響か
何だか走安性が、いま一つしっくり来ない状況。

早速、帰宅したその足で、車外から観察しても
何の変化もございまぬ、そこでタイヤの空気圧を
エアーゲージを取り出し計って見ると・・・、

前輪の右側が 1,5しかありませんがね〜(>_<)
これは釘でも踏んだかなと思い調べてみても
なにも無し?? シャボン液を作ってアチコチに
塗ってみますれば〜、ありゃま〜 エアー注入口!
バルブが死んでおるようで、そこからプクプクと
泡が立っておりますわふらふら

こりゃあかん〜(@_@;)と言う事で、明日も
このヘルニア君を引き連れての出社となりますが、
前タイヤ交換をした時に、確か新品に換えたはず。
最近の こういう部品等は、当然中国生産が多く
不良品も このいい加減な国の物ですから、
稀に こう言う事も起こります。

朝出かける前に、きちんとエアーゲージで
規定の値まで入れて出発したのですが・・・、
つい 半日ほどの時間で これだけプレッシャーが
下がるのですから、かなりの勢いで漏れているはず。

NSX-R君 長く動かさずに 放置していましたから、
突然の出兵で、在らぬところにシワ寄せが来た〜失恋
こうなりゃついでに 5〜6部山まで磨り減ってる
前輪も交換してしまおうか、と思っておりますが

まあこの季節、車なんぞに 全く用の無い気候で、
前輪のタイヤ交換をしても、乗るとは思えず
バイク三昧の日々が続く事は明白ゆえ・・・、

さて、どうしたもんか〜(@_@;)
と思案の最中に、この記事更新をしておりますひらめき

まあ、空気の乾燥した 大変気持ちの良いこの時期
バイク通勤が、ホント 至上の喜びとも言えます。

車なんぞ アホらしくって、雨の日専用の足であり、
晴れている限り、RC45 もしくは Z-Uの出番〜揺れるハート

ガソリン代も、バイクなら かなり浮きますから、
余ったお金で、ETCを、せこくせしめようとの魂胆。

まあ 何にしても NSX-Rでの通勤は・・・、地獄で、
遮音材の省かれた、コックッピトは喧しいわ、
乗り心地はゴツゴツで段差なんぞ乗り越えた暁には
脳天まで響いてきますから、寝起きの脳みそには
苦痛以外の 何者でもごじゃらん〜もうやだ〜(悲しい顔)

それでも、このヘルニア車を側においているのは、
よ〜し 乗るぞ〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま) と構えて乗る分には
これ程、楽しい車もあまり無いからで・・・、
通勤には、決して向いているとは、言えませんです。

スタンダードのNSX君とは、まるで性格が違い、
とても同じ車が基本となっているとは思えない奴。
乗り心地がよく、従順な性格のNSXは、通勤にも
温泉特急としても、お勧めできますが・・・、

この硬派丸出しの タイプRは、好きでなきゃ
乗ってられない車で、皆さんもNSXを買う場合
試乗して、スタンダードのNSXと乗り比べてから
購入に踏み切る事です!

彼女なんて、横に乗せてドライブしようモンなら、
数キロ走っただけで、降りられてしまう事は、
保証できますよ〜(^^)v

エアコンも無いし、喧しいし、乗り心地なんて、
マジ〜(>_<)ってな、硬さですから 酷評以外の
何も 彼女からは出てこない、と言った車ですわ手(パー)
サーキットを走りたい方だけに お勧めしますです。

DVC00008.JPG


いや〜、それにしても エアー漏れバルブの
NSX-Rの前輪を・・・、どうしようか〜(@_@;)
バルブだけの交換だとしても、いずれ この減った
フロントタイヤだと、長くはもたないですしね・・・

思案の しどころですな〜、ホントふらふら
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 20:10 | NSX 日記

NSXの師匠、オーナーズミーティング講師のお話を訊こう(^^)

NSXの運転を教えてくれた清水講師、未来への提言。

私もNSXで、ドリドリ運転をしていた頃、
NSXのオーナーズミーティングに初参加して・・・

プロドライバーの格の違う腕に唖然としましたががく〜(落胆した顔)
(ホント、自分が上手いと考えている 思い上がりの
NSX運転手こそ、是非このオーナーズミーティングに
参加する事をお勧めします。根底から覆りますぞ!)

それ以来何度も参加し、NSXの運転技術について、
基本的な取り回し方や、速く走るための奥義なんかを
細かくも丁寧に お教えくださっている清水講師。

まあ、普通の方々とは次元が違うのは当然ですが
私がしゃかりきになって走っていた頃、受講の際・・・

NSX-Rを横に向けたとたん、こんなんじゃ駄目〜<`ヘ´>
MRを、横にすること自体 素人丸出しの走りです!

と、きつく教わりましたが・・・、
彼は、横に私を乗せ それも片手運転で解説をしながら、
綺麗にドリフトで、コーナーを抜けていきました。

こんなもんは、プロなら誰だって出来るけど、
あえてやらない、なぜなら・・・遅いから〜(^_^;)

・・・と、涼しい顔で NSXのカニ走りを披露です。

それ以来、MRの特質を活かした走法をマスターし
お尻の重いMRの特有の 後輪ブレーキのグリップをも
身体で感じ 覚えるようにもなりましたが・・・、

それ以前の私は、ダートラとラリーあがりの癖で
尻を振り出す走りを良し!と思い、楽しさもあって
常時ドリドリ、横向き運転が信条の素人でしたね〜ふらふら

その私も 清水和夫講師のミーティング受講後は、
NSXのグリップ走行を きちんと守り MR車が持つ
奥深いハンドリング性能なんかを、自分なりに
楽しめるまでにもなりましたが・・・、

simizu kazuo kousi.jpg
ヴェイロンの性能に愕く 清水講師

その清水仮和夫講師の 次世代への移行課程と言うか、
未来へ繋ぐための 移行期の車のあるべき姿を解説した
お話を読んだのですが、なかなか興味を惹かれます。
その お話の一部分をコピペしておきましょうか〜手(パー)


★ ハイブリッドの多様化

「日本時間で、1/27に帰国しましたが、日本政府は
相変わらず唯我独尊を訴えているだけで、
この経済金融危機を有事とする するどい緊急政策が
提言されていないのには驚きました。 

アメリカにならって、イギリスもドイツも
スウェーデンも韓国も、いざとなったら自動車業界を
サポートすると公言してます。やはり日本が心配です。

夕べ、テレ朝の「朝まで生テレビ」を見てて
驚いたのですが、司会者の田原さんが「トヨタは平気。
ハイブリッドをじゃんじゃん売っているから。
ビッグ3は一台も売ってないから、やはりアメリカの
自動車産業はあぶない」という様な事を言ってました。
こうした認識は多くの日本の知識人が持っている
共通認識ですが・・・以下の二つの点が間違ってます。

・フォードは、エスケープSUVのハイブリッドを
販売している(売れていないけど)

・トヨタ ホンダもここ十年間に色々なハイブリッドを
販売しているが、結局、売れたのは、プリウスだけ。

つまり、正しく理解するならハイブリッドで
巧くいったのはプリウスだけ。だからじゃんじゃんと
出してもプリウス以外は失敗したのです。
しかもこれから欧米メーカーは、電気自動車にシフト
する覚悟を決めてます。もちろん従来のガソリン、
ディーゼル車も進化させながらですが・・・

実は電気自動車やハイブリッドは、これからが
本格的な競争の時代に入ると思います。 欧米の
メーカーからは、電気自動車やレンジエクステンダー
という新しいコンセプトのプラグインハイブリッド
(航続距離が長い電気自動車)がもうじき登場します。

田原さんの認識はあたらにしないといけませんね。
2011年頃には日米欧のメーカーから、続々と多様な
ハイブリッドが販売されるのです。

トヨタもホンダもハイブリッドでリードしているとは
思っていないでしょう。 膨大な利益にすがりつきたい
と 思った日本のメディアがトヨタをよいしょした結果、
ハイブリッドを過大評価してしまったのです。
私もメデイアの端くれなので 発言の責任は重大ですね」



・・・、なるほど、レンジエクステンダーですか。

実際、私のNSXは かなり足が長く無給油で700キロは
軽くこなしますしゴルフにいたっては 1000キロなんて
のも ごく普通の事ですが、前に乗っていた BNR32は、
400キロ走ればいいとこ でしたから、かなり燃料費の
出具合に違いが在った訳で・・・この未曾有の不況時、

ここが 肝 ひらめき と、

各車企業も目を付けている訳であり、私も同感手(パー)

GTRなども 欲しいとも思いますが、敢えて買わない!
なぜなら、走りたくても その性能を発揮すれば、
高々、2〜250キロで早々と燃料警告灯を点ける様では、
オーナーはたまりませんし、それ故 控え目に走れば
宝の持ち腐れ〜(@_@;) ストレスも溜まります!

私が ゴルフディーゼルターボを気に入っているのは、
この点なんですな〜、なんせ常時全開にできる事!
アクセル踏み倒して走れますから、ストレスもなしるんるん
その上、そんな事をしても 20キロ/リッターは堅持。

あげく、動き出しこそ とろいものの、ディーゼルの
の持つモリモリとした力の出具合は、いったん流れに
乗ると速い速い、追い越し加速なんて 軽量な車体も
あって、かなり強烈なGを持ちます車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
NSXの 3速並みの加速を 5速のままで
サラリとこなすほどですから、楽しいのなんのって!

ただ、ディーゼルですから カ〜ンと突き抜ける
快感は全くありませんし 伸びは4500RPMまで〜(~_~;)
だから、低速度域で楽しむための筆頭車両なんです。
免許も安泰で 言う事なしの省エネ、省支出車の代表。

その燃費省支出と言う事では、NSXも同類なのですが、
いかんせん こちらは 車が壊れた時が恐い、部品代は
大変に高価ですから、諸刃の剣の要素を持ってる車。
これから NSXを買われる方は・・・、

購入時にきちんと、細部の確認をしておくことです。
燃費は省エネでも、修理代は、愕くほど高額ですから失恋
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 14:20 | NSX 日記

ホンダの元・秘蔵っ子マシン 下手すりゃ 二位以下を周回遅れに!

NSX達は 納屋の中で 冬眠中〜(^^)v

いや〜、空気が乾燥して まことに良い天気晴れ
で、バイクに乗るには 絶好の季節になりました。

本日は祝日を絡めれば3連休と言う方も多いのか
かなり 道路が混雑している中を、V4エンジンを
軽やかに回しながら、我が愛車 RC45と事務所に。

RC45.jpg

途中、バイクのツーリング軍団とすれ違いながら
自分も 仕事なんか止め このまま目的地を変え、
温泉にでも行ってみようか・・・てな 誘惑に
かられもしましたが、思いとどまり 事務所に到着手(パー)

実際 バイクなら、道路の混雑や渋滞なんてもんは
全くの無関係な要素で、まず間違いなしに 予定する
時刻に目的地に到着できますから・・・方向を変えて
温泉に行こうぜ〜いい気分(温泉)なる 誘惑と言うか 心の叫びも
聞こえたりしたのですが、グッと我慢の通勤でした。


仕事も片付け、パソコンでアチコチのサイトを
訪問していたのですが、あるサイトで立ち止まり
それを詳しく読んでみると、元ホンダのマシン
ブラウンGPの もの凄さは、どうやら本物のようです。

rbp001.jpg

ルーベンス・バリチェロが語っているのですが・・・

他チームを全く寄せ付けないほどの速さを見せる車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
ホンダの秘蔵っ子(となるハズだった) BGP001について、
巷で飛び交う規定違反の噂を一笑にしつつ 答えてます。

「僕らが 違法かって聞いてるのか? そりゃあ、
ライバルによくやったって言うよりは、
レギュレーション違反だって言う方が簡単だよ」

「僕らのチームは、レギュレーションをしっかりと
守ってる」とバリチェロは、スペインのスポーツ紙
Marca(マルカ)に 主張しているのです。

36歳になるベテランと、チームメートである
イギリス人のジェンソン・バトンがテストで見せた
強烈な周回ペースは ブラウンGPが、来週末の日曜に
迫った オーストラリアGPで、2番手ドライバーなどを
周回遅れにして 軽々と優勝するのではないか・・・
という予想が、記者・関係者から飛び出すほど。

そう言う事もあり 規定違反云々が飛び回った訳で、
それに対しルーベンス・バリチェロが反論したのです。

彼は、控え目に こうも 話しています・・・、

「オーストラリアでは、トップ3チームに食い込める、
と信じている。 つまり、フェラーリ、トヨタ、
BMWザウバーだ。ルノーの アロンソが大穴かな」

また ホンダが一年を棒にふり、ブラックリーで
製造していたシャシーは、その前身である RA108と
比べ 素晴らしい躍進を遂げている事も コメント。

ただ、ホンダV8エンジンから メルセデス製の
エンジンに変わったことも 忘れてはいけないです。


それについてもバリチェロは・・・、

「メルセデス・ベンツのエンジンは扱いやすいし、
とても力強い。 けれど、一番の秘訣は チームなんだ。
いつでも 最上のものがそこにあるんだよ。」

そう話すバリチェロは、目前に迫った09年シーズンの
開幕への興奮を隠そうともしない様子でしたから、
今年の 元ホンダは、かなり期待して良さそうですよ。

まあ、私はF-1なんぞより、MOTO-GPですが〜るんるん

あと この記事を読んでて 興味を惹かれたのは、
バリチェロの本音が聞けた事です・・・、

「平等な扱いと自由、ミハエル・シューマッハの
いないチームを求めて、フェラーリを離れたんだ。
今の僕には、それに加えて速いクルマがある」・・・
とルーベンス・バリチェロが、語っていたのです。


ルーベンス・バリチェロ.jpg
不満タラタラ時代の ルーベンス(~_~)

やはり、最良のセカンドドライバーひらめき との称号は
ルーベンスにとって 我慢とストレスだけの賜物、ってな
大変 歯がゆいものだった事も、ここで語っております。

英文ゆえ、読むのに苦労しましたが・・・、
今年のF-1は、ホンダファンには痛快なシーズンかも手(チョキ)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 21:45 | モータースポーツのお話し

雨の時期が来るとNSXに よく起こる現象の一つ〜(^_^)

NSXが嫌いな 雨の時期が近づいています〜(~_~)

NSXは 全然出番なしの日が続いております。

昨夜は、雨が降っていましたから、
ここんところの通勤快速である RC45は
納屋に仕舞い込み、次の日の出社用にと
NSXを 納屋の外に出していたのですが、

今朝起きてみると、雨は上がり日が差しています。
通勤の足とする予定だった NSX君はずぶ濡れ状態で、
雨の時期になると起こる持病が、またまた発生〜ひらめき

それは、リアガーニッシュの曇りなのですが、
湿気が多くなる この時期になると、NSXには
よく起こりますが、購入したての頃は マメに
外して 内側などを拭いて 綺麗にしたりも
しましたが、このところ 全くそんな事もせず、
お日様の下で 自然乾燥〜晴れ (^_^;)

お彼岸の休日ではありますが、私は仕事に励み、
セッセと お金を稼いでおるのですが・・・、
世の中が休みの日に働くのは 考えようによって
沢山の利点があり、いつもこうして稼動しています。

平日休みにする事が多いのは、何も道路の混雑を
避けると言うだけでなく、秘湯や温泉通いが趣味の
私にとって、宿泊料金が 相当に削れてくれるため
この習慣が当たり前になっているのですが、

これからは、少々その考えも 変えなくてはひらめき
ならぬ要素が出てきました・・・、ETCです。
ETCによる、高速道路の割引が 今後施行され、
平日料金の宿泊料と 休日での高速代の割引との
兼ね合いが起こり、どちらが安いか前以って
計算しておかないと・・・、

下手すりゃ、休日に温泉に出かけた方が安い!
って事も 起こるような時代に入りましたから、
今後、このような休日稼動も 少し考えなくては手(パー)

さて、日が射している爽快な朝、またまた
バイクでの通勤に変更して、出社してきたのですが、
路面が乾いておらず、 少しアクセルを開けるだけ、
ズリズリ〜と 後輪が ムズがるところの多い路面を、
慎重に乗り切って、会社に無事到着・・・

と、事務所に着いてみたら ドアに書置きが〜(?_?)

その主は、NSXのお仲間の方で 以前ご紹介した、
小学校の先生夫婦さん達からでした。

赤いオートマNSXの中古を、街の小さな車屋さんで
安〜く購入されたと言う、NSXの購入法としては
大変 賢い人たちで、カローラの新車を買う程度の
出費で 僅か3万キロ弱のワンオーナー車両をゲット。

その方々が朝早く 私の事務所を訪れていた、
その理由は、こう言う事でした・・・

”祝日ですからドライブを車(セダン)ダッシュ(走り出すさま) と出掛けたのですが、
エアコンが壊れたようで、なま暖か〜い 風しか、
吹き出し口から出てきません! こんな場合
どうすれば良いでしょうか〜(@_@;)・・・”

photo08.jpg


との、お困り状態の 書き置きでした。
この方々も、とうとうNSXの洗礼を享受されましたわーい(嬉しい顔)

NSXが持つ 車体部分の弱点としてはメジャーな個所。
コンプレッサーの破損はもとより、エバポの異常、
或いは 見つけ難いガス配管のガス洩れなどなど・・・
そうそう、初期型に用いられるフロンなどは入手も難!

私の場合も、よく苦しめられましたが とうとう
この小学校の先生夫婦さんたちの NSXにも発病〜ふらふら
とりあえず、携帯電話で連絡を差し上げ いろいろと
それらに関するお話をしてあげましたが・・・・、

彼等にとって 楽しい お花見ドライブの予定が、
急遽 解体屋さん巡りのドライブに変更されてました。
まあ一番安上がりなのは、解体屋で 潰れたNSXが
在れば一番安く収まるのは 私の経験から明らかるんるん

おまけに、色んな部分も 交渉によっては
外させてくれるので 財布の中身が 随分救われます。

今頃 彼等は ナビ誘導で アチコチの解体屋さんを
巡っている頃でしょうが・・・、
これからNSXオーナーになる方々にも 助言を一つ手(パー)

NSXは、初期型なんかはすでに20年近くも経つ
お年寄り車ですから、購入時には お金の掛かる
こういったエアコン周りなんかは、必要以上に
検閲しておかないと、こうして持って生れた
持病の一つなんかは、後で大変ですぞ (>_<)

空調周りが壊れる場合などは 考えなくてもいい
NSX-Rならともかく ラグジュアリー志向である
NSXのオートマなんかは、乗る気もしなくなります失恋

なにせ、2人乗りに狭いキャビンですから、
車内の気温なんて、みるみる上昇〜あせあせ(飛び散る汗)
おまけに 背中のすぐ後は、エンジンですから・・・
まるで サウナ状態が、必然的に起こりますからふらふら

タイプR、そんなもん 全く気にならず・・・
私のNSX-Rなんかは、最初から付いていません手(チョキ)
なにせ、スポーツカーです、汗かいて当たり前〜。

何にしても ご夫婦のエアコンが直る事を願いますか。
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:59 | ホンダ NSX & バイク 

中古車市場だけではないですね〜(^_^;)・・・新車も 値引き!

ホンダに対抗・・・・(?_?)


トヨタ自動車は、5月に全面改良して発売する
新型ハイブリッド車(HV)「プリウス」の
最低価格を現行モデル(233万1000円)より、
30万円程度安い205万円程度にする方針を固めた。

全面改良後も継続販売する現行モデルの最低価格も
200万円以下に引き下げる。
ホンダが2月に発売した低価格HV「インサイト」
(189万円〜)の販売が好調なため、
トヨタも、実質値下げでホンダの攻勢に対抗する。

新型プリウスの排気量は現行モデルより300CC多い
1800CCで 車体もやや大型化。
燃費は現行モデルより改善させるため、価格は
現行モデル並みか、それ以上にする方針だった。

しかし、インサイトが発売から1カ月で目標の
3倍以上の受注を獲得。 「HVの代名詞となった
プリウスの地位を脅かしかねない」(関係者)と
判断のすえ、価格戦略を見直すことにした。

現行モデルは装備を簡素化することなどで、
新モデルよりさらに低価格にし、
法人向けを中心に売り込みを図る。

国内では4月から環境対応車向け優遇税制が
始まる予定で、国内2大自動車メーカーの
低価格競争も加わりHV市場は一気に拡大しそうだ・・・


と、いきなりの コピペ〜手(パー)(^_^;)

と言うのも、この先 登場するであろう電気自動車の
価格が気になる私としては、あまりに電気自動車の
販売価格が高いと、それまでの繋ぎとして、
これらHV車を考慮に入れる必要性があるため、
このらの情報には、かなりアンテナを張っている訳で

今回のトヨタの英断は 歓迎すべきものでしたからるんるん
こうして 筆頭にドサ〜っと 載せてみたのですが、
このプリウスなりインサイトなり、両者共に
あまり魅力があるとは言えず、次に予想される
ホンダのCR-X?(・・・と噂ですが)なんかが、
どの様な価格に落ち着くのかが もっぱらの対象。

new prius.jpg

まあミツビシからこの夏秋にかけ 登場する
最初の電気自動車の価格により、再来年には
車検が切れる 我がNSX君の運命も決まる訳で
もし、VWと東芝のコラボによる、電気自動車の
価格が、NSXとの下取りと 合点がいけば・・・

まず間違い無しに、私とNSXは 長〜い経歴とも
お別れになることでしょうが、かなりの隔たりが
あるならば、それまでの繋ぎとして、
この CR-Xなんかも良いかも知れない存在なのです。

さて、今日も 大変に気持ちの良い 気候でするんるん
こんな日は 馬鹿らしくて NSXなんぞの出る幕は無し!
昨日から、RC45での通勤を繰り返しておりますが・・・

いかんせん、まだまだ花粉が飛んでおりますから、
少し油断をすると、フルフェイス内で、
思いっきり クシャミの連発で シールドなどが
自分のよだれだらけとなり、前が観難い事が多々でもうやだ〜(悲しい顔)

RC45.jpg


この点だけは、車の方が 唯一マシですかね〜(^_^;)
ただ、それを補って余りある爽快感はバイクの魅力。
もうすぐMOTO-GPも開幕する事ですし・・・

そろそろMOTO-GPを放映するスカパーのチャンネルを
契約しておかないと、いけない時期になりますし、
今年のF-1もとりあえずは、ブラウンGPを応援するため
フジテレビのスカパーチャンネルを契約しますか〜TV

さて、お昼休みを兼ね 本屋にでも行ってきましょう。
その前に、メットのシールドを洗う必要が〜(ーー;)

そうそう、とりあえず・・・、
新型プリウスのサイトでも、載せておきましょうかね。



新しくなる、プリウス君のサイト
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:48 | NSX 日記

NSXと同期の桜・・・、我がバイク RVF750-RC45君

NSXと、RC45は、1995年ものです〜(^_^)v

何も ワインではありませんが、
年代物と言えば、我が愛車たちの中で同期が・・・

一番のお気に入りバイク、RC-30は、
HRCのフルキット装着ゆえ 即! 耐久レースに
参加できるほどの いじり様でしたから〜
爆音はなはだしく、泣く泣くもうやだ〜(悲しい顔)親友の下に
里子に出されてしまいまして、

それ以降、2番目のお気に入りであった
これまた、希少な限定バイクの一台、RVF750
俗に、RC-45と呼ばれる ホモロゲ二輪車が
今の一番のお気に入り、となって久しいこの頃、
ホンダ純正のオイルを購入してドレンボルトを
抜き、中身の血液たるオイルを入れ替えました。

RC45.jpg

仕事もかなり順調に片付き、このところ
自由に 空き時間を設定できるのは自営業の利点ひらめき

そこで、ふと気付いたのですが、このバイクと
我がスタンダードNSX君は、同期にあたります。
とりあえず、NSX君納車は96年なのですが、
私の希望するNSXのカラーが、深いグリーンの
スペシャルオーダープラン利用の車でして、

通うディーラーでは 納期が遅くなるとの事で、
そのお店から、全国のホンダディーラーに
問い合わせてもらい、在庫を調べ上げたすえ、
他府県から取り寄せていただいた物で、
製造は95年型の、キャンセルされた新車でした。

車検書に記載される書類では96年型となりますが、
実際は、95年に造られ 違う県の倉庫に厳重に
保管されていたキャンセルされた個体だったわけ。
値引きなど当然ありませんが、早く入手したく
半年も待たされるのは嫌だったもので、

この新車のキャンセル車両を選んだ訳ですが、
当時、これ以上に欲しい車がありまして・・・、

それが、今手元においてある・・・
多数手放して、僅か 3台になりはしましたが、
お気に入りバイクの、RVF750-RC45君なんですな。

とりあえずは、一代前のRC-30は改造するだけ
改造しまくりましたから、このRC-45のほうは、
全くの、ド・ノーマルで過ごさせております。
次ごう重ね、これらは共に14年と言う月日を
私の側で過ごしてきた訳ですが・・・、

NSXの方は、すでに20万キロにも到達するような
積算を積んでおり、一方 RC45は高々3万にも
及ばないような走行距離を示しています。
この間、暇をみながら バラバラにして
オーバーホールの上、組みあげてからも、
僅か 2000キロ弱の慣らしをしただけの有様です。

おかげで、まるで新車の風合いを、今現在も
保っておりますが、時々はこうして接してあげないと
オイルも下がってしまい、良いわけはありませんから
本日はNSXはやめにして、朝のとうから
このバイクで バビュ〜ンと気持ちよく 出社ですダッシュ(走り出すさま)

いやはや、ド・ノーマルとは言えど、
マップの変更により フルパワー仕様ですから、
そりゃもう、車の加速なんぞ 屁のツッパリにも
なりゃしません〜(^_^)v

まあこう言った種類のバイクに対抗できるのは、
車が速くなったとは言えど、実際は ブガッティの
化け物車、ヴェイロンぐらいの物ですから、

少々Hiギャード化したスプロケ効果もあり、
RC-45君 1速でレッドの中までひっぱりゃ・・・、
軽々と 160キロ近くまで伸びてしまいます。
その間僅か5〜6秒の世界ですから、
GT-Rなんぞでは、何処吹く風の如く消え去ります。

あげく 2速ではリミッターに当たってしまい
伸びきる前に バスバスと 早々ガバナーが
効いてしまうと言う 性能を発揮する前に
片手落ちの状態の、RVF750-RC45ですから・・・、

この先 少しづつではありますが、
いじり始めようかと、思い始めてもおります。

ただ、この手の限定車の 部品価格は・・・、
希少車=割高なる、NSXNSX-Rと同様の図式が
形成されており、アフターパーツの値段なんぞ
目が飛び出すほどの数字が、平気でゾロゾロと
並んでおりますゆえ、どうなる事やら〜ふらふら

ちなみに純正ホイールなんぞ 435750円がく〜(落胆した顔) もします。
一ころび、5〜60万円は飛ぶでしょうな〜(>_<)
NSXの部品ですら、ここまで高くはござらん。

RC45magu.jpg


手間の掛からないうちに、このバイクも償却?
との 考えもあるにはありますが・・・、現時点で
欲しいバイクも在る訳でなし、今のところ RC45は
我が家にて生存、の札を貼り付けてもおりますが、
この先、どう言った宣告を下すやら、霧中の様相。

・・・しかし、乗れば そんな話は消えうせ、
快感そのもの、車では決して得られない昂揚とした
気分が味わえるのも、バイクの良さの一つでしょうな。
仕事の帰りは、少し遠回りして帰りましょうかね〜るんるん
これからの時期は、車なんぞ 乗ってられるか〜です。

タグ:ホンダNSX
posted by 新車中古のNSX at 15:38 | ホンダ NSX & バイク 

旧ホンダは、なんと優勝候補の筆頭に奉られてます(~_~)

ホンダが08年を棒に振って開発した車は凄かった!

NSX日記の 第301回目は、NSXの生みの親会社の
苦渋の選択で、手放した車のお話です・・・

1年間 棒に振ってまで開発に勤しんだそれは、
実際 空けてみるとかなりの実力を備えていた様で
ライバルチーム達を震撼、大衝撃をもって打ちのめし
驚愕をもって 迎えられているようですが・・・、
そうなると、悔しいのはホンダであるのは明らかです。

元・ホンダF-1である ブラウンGPの公式練習において
すでに 皆さんもご存知でしょうが、断トツのタイム。

早々と、 マッサなんぞは 白旗宣言まで出す始末わーい(嬉しい顔)

マッサ.jpg

詳しくは次のリンクでどうぞ→ マッサが語るF-1分析。


ところで、このブラウンGPについてですが・・・

何処に行くやら危惧されていた頃、突然の決着の末
それまでホンダF-1チームプリンシパルを務めていた
ロス・ブラウンの下へ譲渡が決定されます・・・、

と思った翌日、ロス・ブラウンGPのチーム体制が
発表されたと思ったのも束の間、次の日になり、
ホンダの隠し玉が、いきなりBGP001と命名され、
早々と、シェイクダウンを 行いました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ホンダが、一年間開発に勤しんだ車がこれです。
今全世界を覆う 世紀の大恐慌が もう一年遅ければ、
この車がホンダをしょって サーキットを闊歩のはず。
ベールを脱いだ、BGP001なるホンダの秘蔵っ子、
その資質は、実際愕くべきものだったのですなひらめき

rbp001.jpg

またその影で、悲惨な目に遭った人物もあります、
未曾有の超天才 アイルトン・セナの甥っ子である、
ブルーノ・セナなんか、ホント悲惨そのものがく〜(落胆した顔)

ホンダのF-1売却以前、もしかするとルーベンスの
代わりにシートを得るであろうと思われた彼ですが、
結局ブラウンGPにおいて ドライバーはバトンと、
ルーベンスでのコンビ継続が発表となりました。

それには テストが出来ない最初のシーズンという事で
百戦錬磨・経験豊富な 元コンビを選んだ訳でして、
まあ、ボスのブラウン氏の下した結論は、当然の事と
理解できるのですが・・・、去年末より ホンダにて
テスト走行を繰り返し、ホンダのF-1加入を狙っていた
ブルーノ君は、親会社のホンダ撤退により その話も
おじゃんな上に、状況を見守っているうち 彼が元いた
GP2のシートも埋まってしまい、自分の行く場所までも
無くなってしまった・・・と言う泣くに泣けない結末。

この大不況って奴は 思えば いろんな会社にビルって
だけでなく、未来有望な新人に対しても影響を及ぼす
とてつもなく悪い奴だった(・・過去形ではないですが)
訳で ブルーノ君にとりゃ、親の敵以上に憎いでしょうふらふら

もう直ぐ、あまり興味のない 機械仕掛けのF-1の
09年度が開幕ですが、今年は この元ホンダの車である
ブラウンGPを応援する事で、少しは 観る気もするかも。
まあ何にしても、MOTO-GPの開幕の方が待ちどうしい手(チョキ)

とりあえず、明日は本日出社により 休日振り替え、
で 何をするかと言えば・・・

NSXとゴルフに、ETCるんるん

ゴルフは、あまり必要性を感じませんが・・・、
NSX君には何を差し置いても絶対に必要な機器です、
温泉特急として、次の車検までは活躍してもらわねば。

明日は 朝から70キロほど離れた街に出向き、ETCを
装着してまいろう、と 考えておる次第ですが、
相当に混んでいるようですから、早起きが必要条件かも。
皆さんの中で 取り付けてない人は早めに購入ですぞ〜手(パー)

そうそう、ブラウンGPのHPのリンクは下のリンクです。

official site of the Brawn GP F1 Team

タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 20:45 | モータースポーツのお話し

NSX日記・300回〜(^_^)・・・とは言っても 何の変化もなし(^_^;)


NSX日記 祝・300回記念〜♪、の記事更新(^_^)v

一つ前の記事でも申しましたが、早いもので
この日記を連載し始めて、300回目となりました。

NSX日記の冒頭、始まりを少し振り返れば・・・、
書き出しは、ジャパンカップ馬券で大当たり〜揺れるハート
・・・だったと思いますが、

その大当たり馬券をもとに、ポルシェ911の
タイプ964 RSを、八王子のインター横にあった
その頃のポルシェ代理店・ミツワモータースに
駆け込んで注文した話から 始まった記憶が・・・、

その頃 従事していた仕事は、現在携わる仕事とは
まるで無縁の華やかな世界、広告代理店勤めであり、
元々高給な仕事が、バブル絶頂期で輪を掛け高給揺れるハート

原宿や青山 銀座 吉祥寺辺りの事務所を 毎日忙しく
掛け回っており、収入も夫婦で、かなりのモノを
頂いておりましたから、それぞれの車を所有し、

私はその時代 突如 再起を果たしたR32 GT-R
購入し、さらにスキー用に 当時、大人気だった
パジェロの二台を所有、カミサンは・・・、

なんとなんと・・・今では 芸能人御用達の定番に
なっておりますが、その時代では稀有な存在だった
メルセデスの Gシリーズ、ゲレンデを愛用でした。


g320.JPG

ゲレンデ・・・、出たついでに話せば、これに乗ると
まるで金庫の中に座っているような感じです。
そりゃ当然の事、NATOの軍事用に開発された車両ゆえ、
地雷を踏んでも帰って来られるような設計が、
初期型のGシリーズには求められておりましたからがく〜(落胆した顔)

窓も全て平面であり、銃撃する時に目標物が
歪まない様な ガラスが装着されるほどの徹底ぶり!
これを、都内の路上に下ろす訳ですから・・・金庫わーい(嬉しい顔)

今のゲレンデは、豪華でお洒落に変貌していますが
その外観自体 当時のままで、魅力タップリです。
今でも 昔のAMG-G320なら買ってもイイかな〜、と
密かに思っている 1台の一つで・・・、
購入すれば、多分一生ものの車ぴかぴか(新しい)となるでしょうな。

その頑丈さと、作りの良さには感銘を拭えません!

・・・・と、話しが 横にそれましたが、
オグリキャップとホーリックスなる外国産場のお陰で、
2分30秒ほどの後 1300万円以上もの泡銭を得た私は、
ポルシェ911-RSのオーナーになりますが、それを経て
現在の愛車 NSXと、NSX-Rの所有者に・・・

・・てな感じで 日記を始めて行ったものでしたが、
光陰 矢の・・・が実感できるほど、時代が経つのが
早いこの頃で、はじめてNSXのハンドルを握った時の
落胆振りが、つい昨日の様な感じで思い出されます。

落胆・・・?、そうです 初めてNSXに乗った時の
その印象は、落胆そのものでしたね〜失恋

なにせ、乗り換えた車がスパルタンそのものの
911RSでしたから、あまりの乗り心地の良さと、
ブレーキの性能の違いにガッカリしたものでした。
それから、鬼のような改造が始まった訳ですが・・・

それらは既に過去の NSX日記中に書いていますので、
割愛させて頂きますが、今と違い NSXの部品なんぞ
当然あるはずも無く、全てが単品扱いの素晴らしく
高価な物だった・・・とだけ申しておきましょう手(パー)

まあ、これで NSX日記、第300回記念回顧話しも、
終わりですが この先、NSX君は、お役ゴメンの
引退勧告を授けていますが、お気に入りのNSX-Rは、
・・・多分 持ち続けて行くでしょうな〜(^_^)v

1000回記念の頃には・・・、電気自動車日記??
と、タイトル自体が変ってるやも知れませんが〜わーい(嬉しい顔)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 12:00 | NSX 日記

NSX日記も今回で とうとう、299話です〜(~_~)


NSX日記、次回で 第300話〜となります。

燃費最高のNSX.JPG


想えば 遠くへ来たもんだ〜(^^) ではありませんが、
一昨年の夏より、適当に書き始めたこの日記も、
こんなに、回数を重ねておるんですね〜ひらめき

まあ最初の頃から比べると、この頃は あまり、
NSX自体 主体に持ち上げず、ホント 日記の様相(^_^;)
初期の日記は、NSXの悪い所の修理方法や対処法など、
わりと 細やかに書いてもおりましたが、
ここんとこ まるで そう言う話題には触れておらず、
NSXを所有しての日々の出来事を綴っておりますが

これは これで よかろう〜るんるん、と
自分では この方向を かなり気に入っております。

と言うのも、手に入れたNSXNSX-Rを 自分なりに
改造したけりゃ(NSXにとっては、改悪ですが!)、

他の方々のブログやサイトをご参考にしてくれりゃ、
私とすりゃ わざわざ、細々と写真入りで手の込んだ
サイトなどを時間をかけて立ち上げずに済み、
あげく、塩銀カメラが趣味の私が嫌うデジカメなども
購入せずに済みますゆえ、かなり気軽に更新も可能。

そして 逆を言えば、こうして NSXを所有しての
普段の出来事を 長〜く綴ったサイトなどの方が、
断然少数派であり お役に立つかも?なのです〜(~_~)

実際 NSXを所有して、いろいろ起こる それらとの
日々の暮らしぶりなどを 紹介して行った方が
この先 NSXを持つ方の、陰の足し?となるかもです。

とりあえず、NSXを持ってみての感想は・・・、

まあまあ 満足のゆく 可もなし不可もなしの車だ手(チョキ)
と言う事を今回も申しておきましょう、未来の
NSXオーナーには。 NSX-Rは また別物!だとも。

ところで 本日はゴルフ君で出勤したのですが・・・
キーを回して からの事・・・、セルの具合が〜(@_@;)
スタータークラッチの調子が悪くなった様です!
エンジンが掛かってからも少しの間 ギアが噛んでおり、
ギャ〜!と言う音がしておるのですな〜がく〜(落胆した顔)

家に帰って、エンジンを止めた後 今一度セルを
回してみると・・・なんとも無い(?_?)
数回同じ事を繰り返しても、その兆候は出ずで、
もしかしたら、冷えている時だけ 不備が起こるのかも
知れませんから、明日の朝 もう一度試し その症状が、
でる様なら、入院させなくてはいけません。
またまた、お金の掛かる部分が ヤバいかもです失恋


セルの話になったついでに、飛行機のエンジンの
始動方法などを、少し話してみましょうかね〜(^_^)v、

ジェットエンジン.jpg

まあ、こんな物 全く知らない車の整備士クン達も
多かろうですから、聴けば ためになりますぞ〜ひらめき
車などとは まるで違うのは当然の事なのですが・・・

こうして、今回ゴルフ君に起こった事に似た状態が、
ジェットエンジンの始動には、必要なのです。
つまり、車だと 掛かれば瞬間的にセルの役目は修了、
ところが、ジェットエンジンの場合はそうは行かず、
引きずってやらねばなりません!

また、セルそのものの構造も 電気仕掛けの
モーターで駆動する物ではなく、実はエアーです。
ニューマチックと呼ばれ、タービン駆動なのです。
スタートバルブが開き、本体の低圧圧縮が起動し、
カラカラと大きなタービンが回り始めるわけですが

車のようにキーを差し込んで セルを回せば終わり、
その間2〜3秒・・・、などと簡単に行かず
そもそもエンジンをスタートさせる キー等も無し。
スタータースイッチとエンジンに燃料を送るための
スイッチからなるもので、車のように空気と燃料の
混合気を、そのまま燃焼室に送るのとは訳が違います。

セルの役目をする、ニューマチックスターターが
機能しはじめても、十分な加圧がされていないため
その セルもどきの機能を引きずりながら点火された
エンジン加圧を助ける間中、ずっと回り続けるわけで、
今回のゴルフ君と同様の症状を保つ訳のが本来の役目。

また、その駆動時の回転数自体も、車のセルなど
話しにならず 5000rpm近くまで回さねばいけません。
電気仕掛けのモーターでは まるで役に立たない訳で、
こんな所からして、整備する側とすりゃ、車などとは
桁違いの難しさを持つ、航空原動機なのですな〜ひらめき

こうして アイドリングを始めるまで セルの様な
機械が回り続けなきゃいけないジェットエンジンですが、
この間、30秒ほどの時間が必要なんですね〜手(パー)

でも いくら私が飛行機好きと言っても、ここまで
ゴルフ君が 付き合ってくれる必要も無いわけでして、
始動すりゃ サッサと、セル自体も役目を終えて
大人しくしてくれないと、こちらが困りますわ〜ふらふら
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 19:53 | NSX 日記

Koenigsegg ケーニグセグ・Quant(クワント)〜(^_^)v

NSXの弱点は、何度も申してますが・・・雨〜雨

いや〜、一雨ごとに暖かくなって来ますな〜(~_~)
NSXが苦手の雨の中、事務所から帰宅ですが、
何にしても 春が近づいて来ると 気分がイイ。

まあ 趣味の温泉通いは、その分少なくなりますが、
実際問題 この不況で いろんな物の高騰により、
寒かろうが暖かかろうが、それに費やする
日数も、ガク〜ンふらふらと、おちていますから、
それなら、寒いより 暖かい気候の方が良い訳でして、

このところの、寒かったり 暖かかったりが
順繰りに訪れる 春特有の毎日に翻弄されつつ、
雨であろうが晴れていようが 毎日の通勤の足として、
酷使されている、我が長年の愛車 NSX君は
相変わらず 順調に積算を重ねておりますが車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

手放す予定となったこの頃になり、ほんと従順で
どこも変調を来たさず、かなり良い子振りを発揮です。

まあ、手元においておこうと考えていた頃にゃ
あれやこれやと、故障のオンパレードでしたが、
いざ次の車検にはお別れする!、と決めてからは、
NSX君 なんだか妙に?調子が良いのですが・・・、

もしかしたら、捨てないで欲しい〜もうやだ〜(悲しい顔) との、
媚をオーナーである私に売っているのかもですが・・・
一度 売却すると決めたいま、その考えは変りません。

何にしてもこの先、ガソリンを使わなきゃならない
車の未来は そう明るい訳でなく、ある時期を以って
電気自動車に その座を明け渡すと言う 儚い運命が
待ちうけおり、もうすぐ各社より 登場するであろう、
それらに 我がNSX君も呑まれていく運命なのですな。

今はその過渡期であり、プリウスなどは その主人公〜
とは言えず、電気自動車に変る間の繋ぎをしてる存在。
秋ごろに出ると噂の 三菱 i MiEV が その第一号車です。


iMIEV.jpg


しかし 私にとってこれは、軽乗用車ベースゆえ、
あまり触手が動く車とは思えず、やはりその先々に
続々登場するそれらを視界に入れているわけですが、
そんな電気自動車の中で、これはるんるんと思える車が!

今回 登場したスウェーデンのスーパーカーメーカー、
Koenigsegg(ケーニグセグ)社の Quant(クワント)

とりあえず、高嶺の花なる、超高価格車でありますが、
宝くじでも当てたら、ヴェイロンか、これが標的です。


Quant01.jpg


データーは、まだまだ変るでしょうが、コピペを〜手(チョキ)

p01.png


クワントは、太陽電池技術のスペシャリスト、
NLVソーラー社と共同開発したEVスポーツカー。
重量わずか140kgという2個のモーターを搭載し、
それぞれが後輪左右を駆動する。モーターの
最大出力は512ps、最大トルクは72.9kgmと超パワフル。

カーボンモノコックシャシーとアルミ&カーボンの
ボディは、車重1780kgに仕上げられ、0-100km/h加速は
5.2秒、最高速275km/hという高いポテンシャルを披露。

バッテリーなどの詳細は公表されていないが、
NLVソーラー社が開発したFAES
(フロー・アキュムレーター・エナジー・ストレージ)
システムを採用するとのこと。 充電時間は20分で、
最大航続距離500kmを実現する。また、ボディ全体を
覆うように太陽電池パネルを装着。 走行中でも
バッテリーへの充電が行える。回生ブレーキも装備された。

空力抵抗係数Cd値0.27という流麗なフォルムは、
スーパーカーと、4ドアセダンを融合させた新しい
デザイン。ドアはガルウイング方式で、大きな開口部を
持つため、後席への乗降も楽に行えるという。

サイドウインドウは前後2分割で昇降できる様に配慮。
室内には大人4名に必要な居住空間と荷物スペースが
設けられた。
ボディサイズは全長4879×全幅2016×1335mm、
ホイールベース3102mm、と 発表されている。
ケーニグセグ社は、価格やその時期は未定ながら、
このクワントを近々世界市場へ投入すると宣言。
そのため6エアバッグやESPなどの安全装備も採用され、
スウェーデンのスーパーカーメーカーが、世界に
衝撃を与える日は、すぐ目前のようだ。 ・・・・・


p01.png

なかなか格好がよろしいし、4シーターと言うのも
温泉特急としては 荷物の搭載に苦労もなさそう・・・

とは言っても・・・その前に宝くじひらめきを買わないと(^_^;)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 20:04 | NSX 日記

ホンダのF-1の行き先は・・・、ロス・ブラウン〜♪

 
ホンダF-1チームの売却先が決定〜(^_^)v

先ほど、お昼休みの最中、いろいろと
パソコンを触りながら、検索していると・・・、

やっとこさ、ホンダF-1チームの譲渡先が
決まったようなので、この場を借りて ご報告です手(チョキ)

コピペで申し訳ないのですが、
取り急ぎの朗報なので、ご勘弁を〜(~_~;)


F-1.jpg


----------  HONDA F-1 行き先決定晴れ -----------


ホンダF1チーム、ブラウン代表が買い取ることに!

参戦継続へ〜るんるん


自動車のF1世界選手権から撤退したホンダの
F1チーム売却が、6日、成立した。

チーム代表で技術責任者だったロス・ブラウン氏が
チームを所有、代表の座にとどまる。

名称はブラウンGP・F1チームで、ドライバーは
ジェンソン・バトン(英)と、ルーベンス・バリチェロ
(ブラジル)が残留、エンジンはメルセデス。

3月29日に決勝が行われる開幕戦、豪州GPから参戦。

 
ホンダは昨年12月の撤退宣言から、英国に本拠を置く
チームが参戦継続することを前提に、売却交渉を
進めてきた。
世界的不況の進行から交渉は難航してきたが、
ぎりぎりで売却で決着した。


ロス・ブラウン.jpg


ホンダは、
「存続を第一に協議を重ねてきた。
一緒に戦ってきたブラウン氏に売却出来て、うれしい」
(モータースポーツ担当・大島裕志常務執行役員)と言う
コメントを出した。


---------------------------------------------


とのことで、とりあえずHONDAのエンジンでは
なくなってしまいましたが、そのスピリッツはともかく
何となく、寂しい思いをしていた現状からは脱却です揺れるハート


ホンダの名前は、こうして F-1界から消えて
無くなってしまいましたが・・・、陰ながら、
元・ホンダのF-1だった、と応援していきたいですね手(パー)

まあこれで、一安心できました〜わーい(嬉しい顔)



ついでですが〜、
先ほど NSXの燃料を満タンにして着ましたが・・・

やはり、ハイオク価格が2円ほど上昇しておりました失恋

一つ前の NSX日記で申したように、この先
燃料価格はジワジワと上昇する気配が 忍び寄りますな!

困ったものです〜(@_@;)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 14:25 | モータースポーツのお話し

NSXも、ゴルフも燃費は良いのですが・・・

出光、ガソリン卸価格を、0.5円引き上げ(>_<)

ここのところ このNSX日記の記事でも
あまり話題にしていない、燃料価格の話を題材にひらめき

と言うのも 昨年の馬鹿みたいな高騰も収まり
何だか こんなものかな・・・、てな 雰囲気に
世の中が落ち着いてしまいました。

私としても 同様で、全く気にも留めずに
過ごしておったのですが、少々気になる発表が(+_+)

大手石油会社の一社 出光から値上げの報告が〜失恋
リッターあたり 卸しで、0.5円の値上げをするとの事。

たいした事ないわ〜、と思う方もおるかも知れんが
これは卸し価格であり、販売する現場では
これに対し さらに上乗せをするのが これまでの習慣。

つまるところ、最低でも1円は上がるでしょうな〜。
ようやく燃料価格が落ち着いてきたところに
このお節介な発表です、各社こぞって便乗するのは
明らかで、この先 ジリジリと上昇する気配が〜ふらふら

出光にしろ他石油企業にしろ 昨年の気がふれた様な
高騰により、莫大な経常利益 利潤を得たはずであり、
未曾有の不景気の中でも、どこの石油会社をとっても
石油企業だけは ホクホク顔の 左団扇状態なのに、
この仕打ちでごじゃる〜<`ヘ´>

製造企業などは キュウキュウの経営状態のなか、
一人 高みの見物を貪るコイツらの今回の発表には、
当然 合点なぞ あろうハズもなく、かなり憤慨なり!

これでガソリンの卸価格引き上げは 9週連続なり どんっ(衝撃)

出光を含む石油元売各社はガソリンの減産を強化し
需給が引き締まりつつあるそのツケを、消費者側に
押し付けると言う、ふとどき千万のやり方なので、
お読みの読者さんも、怒って然るべきなのであるちっ(怒った顔)

卸価格を引き上げて収益を確保する・・・、
このやり方には、麻生総理の言葉を借りれば、
ただ一言、さもしい!、ってのが お似合いか。

この前まで、軽油と普通のガソリン価格の差額幅が
あまりない事で、ディーゼル車を走らせる利点が
おとんど無い・・・と、ある評論家の記事を
雑誌で読んだのだが、全くそのとおりで、以前は、
リッター20円は違っていたのが当たり前だったのが、

昨年夏以来 下がった来たものの その下降曲線は
ガソリンのそれと比較すりゃ たいへんに緩慢で
その幅は、僅か10円程しか変らない 体たらく!

価格下落幅の違いでも かなり頭にきていたのですが、
この頃の ジワジワと卸し値を引き上げている
各石油会社のやり方には、極めて気分が悪いちっ(怒った顔)

下げる時は、なかなか下げず、上げる時は
9週連続で、ホイホイと引き上げる!
全く、ふざけるな〜<`ヘ´>と、声を大にして
申しあげたいものでごじゃるな〜むかっ(怒り)

まあ その内、電気自動車が走り始めた暁には、
こんな事、どうでもイイわ〜♪、となるでしょうが、
それまでの間、去年の夏 とまでは行かないでしょうが
この雰囲気では、知らず知らずのうちに 軽油が
軽々と100円台を突破し、いずれ ハイオクなんかは
150円近くに上昇していくやも知れませんな〜失恋

せっかく、NSXを腹いっぱい満タンにしてあげても
一万円札で お釣りが来る様になって来たのに、
またまた、万札1枚では足らなくなる時代が来るかも。

みなさんの中には、こういう様に ジワジワと価格を
上げられていては、あまりその変動にさえ気付かず、
ありゃ〜 いつの間にか高くなっている気がするぞ〜
ってな、ノンビリ屋の方々もおられるでしょうが・・・

こうして 石油会社の 大変汚いやり方で、
知らず知らずのあいだに、慣らされておるんですね。
急激な値上げをすれば、反発を受けますが、
こうして ジンワリと上げていけば・・・・・、
気付かれ難い(^_^)v・・・と言う手の込んだ作戦です。

それでも、流石に 9週間連続値上げともなると
もう記事にして、怒り狂わなければ収まりませんがね。
アホみたいに潤った懐具合の石油会社のタヌキどもに
アホかお前ら〜パンチ、と みんなで叫びましょうわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

嗚呼〜、少しは 気が済んだところで ゴルフ君の話し。
突然 持病の窓が開かなくなってしまった我が愛車、
ゴルフ3ディーゼルターボ君は、この際です、
パワーウインドウを止めて、手回しにする事に〜るんるん


goluf-3CLD.jpg

ヤフーのオクションを検索していたら、なんとなんと、
都合のよい事に 手回し開閉パーツのアッセン一式が
出ており、即落札〜るんるん こんなの誰も買やせんです、
然るに メチャ安値で落札できて、ホクホク顔であります。

つでに NSXのパーツは・・・と、見てはみたものの、
それぞれ、皆さん 良い値で出品しており、パスですがく〜(落胆した顔)

まあ、このNSX日記の中に、車の格安通販パーツ屋
リンクを張っておりますゆえ、そちらで買った方が
新品で かつ割安ゆえ、NSXのパーツなんかだと、
そちらで 取り寄せた方が、お徳でしょうな〜手(チョキ)

とにかくゴルフ君、運転席側の窓が開かないのは、
とても不便で、この休みにでも ヤフオクのパーツが
届き次第、何をさて置き、最優先で取り付けようと
首を長くして、それの到着を待っている状況なのです。
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 01:42 | NSX 日記

NSXもそうですが・・・ゴルフは もっと頻繁(>_<)

NSXの弱点の一つ! 購入時は要注意の個所〜!

NSXも時々壊れたりもして、ありゃま〜(>_<)
と なる事の一つに、ウインドウレギュレーター。

今朝 通勤中に、ゴルフの窓が動かなくなりました。
タバコを吸おうとして、パワーウインドウの
スイッチに手を触れても ウンともスンとも反応無し。
私の所有する車達は、こうして窓がよく壊れます!

NSXのウインドウは、サッシュレス。
元々、NSXのウインドウレギュレーター自体、
作動速度は とても遅い作りになっていますが・・・
これが、もっと遅くなって来たりした時などは
要注意であり、大体はレギュレーターが原因です。

レギュレーターは、愛車の窓ガラスを
上下させるレールのことでごじゃるが、
パワーウィンドーのスイッチを 押しても
うんともすんとも言わず 沈黙状態であるならば、
モーター自体が、ご臨終さま〜がく〜(落胆した顔) なのですな。

ところが、動かなくなったパワーウインドウの、
スイッチレバーを押し、モーター音が聞こえて、
しかしながら 窓ガラスが動かない場合は、まず
間違いなく、レギュレーターが壊れていますね。

NSXの場合 ゴムとウインドウとの圧着が重いので、
かなりの負担がレギュレーターやモーターに掛かり、
内部の緩衝パーツが 割れている場合もあります。

今回この現象が、ゴルフ君で起こりました。
ガラスが 落ちたりする事がなかったのが幸い。
花粉症ゆえ、窓なんか開けたりしたら悲惨ですからもうやだ〜(悲しい顔)

まあ、NSXでもよく起こるのですが、ゴルフの場合
ホント いつもの事で、この車の持病とも言えます。
ゴルフの中古を買われる時は、この部分の確認は
必須と言える個所ですが、購入時会長に動いていても
程なく、この持病の洗礼に見舞われますので〜わーい(嬉しい顔)

goluf-3cld.jpg

とりあえず、ゴルフの場合 毎度の事ですから
交換部品は、数点 中古で購入してストックしてあり
今週末にでも、内張りを剥がして直しますかね。

せっかく車検から帰ってきて 快調に動いていたのに
直ぐに この有様・・・、流石に14年目ともなると
アチコチ傷んで、そろそろ この車も引退の時期かも!

NSX共々 引導を渡す時期に近づいたのかも・・・です。
今回で この両者は、最後の車検となる予定。 ただ、
これらの代わりとなる車が 未だ見えて来ずですが。

ミツビシから近々出るであろう、軽の電器自動車か
VWと東芝のコラボとなる電気自動車か、が有力候補。
次の車検まで、どちらも発売されない場合、
ホンダから出てきそうな、CR-Xでもいいかな〜、と。

明日は、NSX君が通勤快速の足となりますが、
交換した、スニーカーなるタイヤも 格安とは言え
流石に新品の時期は気持ちよく、快調にその仕事を
こなしてくれていますが、フロントが 5部山ゆえ
次の交換時は前後共に入れ替えなきゃいかんですな失恋

NSXは 普通に走れば、フロントは倍以上持ちますから
こうして、後が新品 前が5部山・・・ってな状況は、
この車にすりゃ、いつもの事なんですね〜(^_^;)

ゴルフの場合 前後同サイズゆえ、まめに入替えを
行えば、軽〜く 2万キロ以上も持ちますので、
この点でも 財布に優しい車です、お別れするのが
たいへん惜しいと思っているのですが、やはり
あちこちにガタが来て寄る年並みには勝てませんふらふら

今回の車検でも 23万もの請求書が来る始末ですから、
次回は、さらに上乗せが期待?出来るはずです。

辛い事ですが、愛着のある車と言えども こうして、
お別れの時期が来ると思うと、やり切れませんな。

次回は無いであろう、二年後の車検までの間、
大事にしてあげよう揺れるハートと思う、この頃なのでござる〜。
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 21:25 | ゴルフ3ディーゼルターボ君
カー用品格安通販店


PSPゲームソフト専門の格安通販 PSPゲームソフト専門店

任天堂DSゲームソフト専門の格安通販 DSゲームソフト専門店

NSX日記トップへ戻る〜るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。