車両パーツの格安通販店格安パーツ通販店

nsx-r94.jpg

NSX日記の目次 手(パー)

メチャ高いヘンテコな車?、スポーツカー K.O 7 とは〜(~o~)

NSX-R君の、バッテリー突然死!で、
忘れてました、第9の国産メーカー(~_~;)/


昨日、愛車NSX-R君の ご機嫌ななめにより
すっかり 続きを書くのを忘れていたのが、
日本で9番目の 新鋭自動車メーカーのお話。

その名も、株式会社KEN OKUYAMA DESIGN
そして、そこから第一弾として発売されるのが

スポーツカー K.O 7
 
と言う、あまり興味を持てないタイプの
屋根無し車なのですが・・・、それでも
興味を持ってしまうのが、その値段でして、
標準タイプで2000万円を ちょっと超え、
特別なコラボモデルに至っては 2500万円がく〜(落胆した顔)

K.O 7.jpg

サイズは全長3635mm、全幅1850mm、全高1100mm。
車両重量は750kgで、2シーターの2人乗り。
ミッドシップに 排気量2.0リットル水冷直列4気筒の
DOHCエンジンを横置きし、最高出力は8000回転で
200〜240馬力、最大トルクは7000回転で
21.0kgmを発生する、とのこと・・・そして、

トランスミッションは 6速のマニュアルで、
サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン、
ブレーキは、前後ともベンチレーテッドディスク。
ハンドルの位置は、自由でして左右から選択です。
が、どうせなら マクラーレンF-1のように、
車の、ど真ん中〜、としてもよいのでは〜 手(パー)

ただ、骨格やシャシー等は ドライカーボンや
アルミパーツで構成され、塗装無しの なま生地。
あえて塗装を施さず素材の質感を大事にしたそうな。
・・・と、ただ これだけの車なんですが・・・、
この値段、ちょっとビックリしますな〜(^_^;)

この程度の物なら、最近出たクロスボウの方が
かなり安い上、性能も確実に上ですから・・・、
クロスボウとは、オーストリアに本社のある
バイクメーカーが発売した、超過激な車ですが、
Red Bull KTM・GP-250に参戦中の二輪メーカー、
(ミカ カリオや、青山博一達が所属してました)
KTMが作り出した、ゴーカートの様な車です。

海外雑誌や 海外サイトを拝見すると、
その性能たるや、かなり凄まじいもので、
サーキットなんか走らせたら、われらが最強の車
GTRをも、筑波において、軽〜く撃破した、
ガヤルド軽量バージョン、スパーレジェーラさえ
まるで相手にされません。それでいて870万です!

まあ 小さな出来立ての会社で 生産する車は
手造りの様な物! かたや二輪メーカーとは言え、
KTMは大きな会社ですから、係る生産コスト等も
かなりの差が出ましょう。
・・・それでも どちらが欲しいかと言えば、
K.O 7 でなく、クロスボウの方です。
外見もIDとしては、超一流の奥山氏にしては
・・・ 何だか当たり前に?普通でして、
遥かに クロスボウの方が 奇抜この上なし!

KTM X-BOW.jpg

前から来たら・・驚くのは 間違いなく
KTMが創った車の方で やはり軍配は、クロスボウ。
こうなりゃ、その2000万だの 2500万だのする
K.O 7の魅力は 何処にあるんでしょう〜(?_?)

と、考えたところ・・・、それは・・・、
実は 奥山氏に対する投資!と言う事でしょうひらめき

これから、この先、彼の会社が 潰れずに、
どんどん いい車を創って頂こう〜♪ と、
融資を兼ねた 太っ腹人間さん達の車なのです。
そういう方々は、お金なんて 湯水の如く
使い倒せましょう。2000万や2500万なんてのは
そんな人達にとりゃ、泡銭のような物。

彼等にしてみりゃ、ブランドなる響きが、
その価値を持つんですね〜、奥山氏は世界でも
超一流! その彼が作った車!と言うだけで
その価値になるんです。ブランドとはそう言う物!

・・・嗚呼 恐ろしや。 ブランドには縁が無い
一般庶民に生まれ・・・、何だか 物に対する、
本当の価値が ちゃんと分る事のありがたさが
ホント 身に染みますな〜、一般人で良かったるんるん


タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 00:36 | NSX 以外の国産車の話し
カー用品格安通販店


PSPゲームソフト専門の格安通販 PSPゲームソフト専門店

任天堂DSゲームソフト専門の格安通販 DSゲームソフト専門店

NSX日記トップへ戻る〜るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。