車両パーツの格安通販店格安パーツ通販店

nsx-r94.jpg

NSX日記の目次 手(パー)

2009 Le Mans 24時間・・・観たいでしょう〜(^_^)/

NSX日記とは言えども、NSXばかりじゃ飽きる??

久々の更新となりますが、仕事漬けの毎日で
かなり疲れて来たので 今日は仕事も一切せず、
ある大レースをのんびりと拝見する事に決定〜手(パー)

ただ、最近 F1はテレビ中継で観れるのだが、
この歴史のある、世界3大レースの一つは、・・・
なぜか??テレビ中継が消滅したままで、レースが
終った後、その結果だけを知る事が多くなりましたな。

そこで ネットの世界から引き出して 生中継るんるん
仕事をせず、ゴロゴロ横になりながら観ているのだが、
そのレースとは 2009 Le Mans 24時間耐久レースなり。

今年は、AUDI R15で 楽勝かと思っていましたが・・・
なんとなんと、プジョーが頑張っております。

R15_tdi.jpg

どこかのサイトで、レース中継を見たいと探し回り
ようやく見つけたサイトですが・・・

どうも、ほかの皆さん自分だけで観ていたいのか・・?
このレースの生中継をしているサイトを公開したがらず、
あるサイトでは、結果報告だけをしながら こんな感じ・・

「それでは、ル・マンの24時間ファンの皆さんの
多くが、生中継で観戦できることを願っています。
なお、ネットでの生中継を観る質問などには 一切
お答えできませんので、あらかじめご了承ください」

・・・なんとも心が狭いと言おうか 呆れるかぎりがく〜(落胆した顔)

観たいから、探し回って辿り着いたわけでござるが
レース中継しているサイトなどの紹介、質問には、
一切お答え出来ません(@_@;)、などと のたまう
全くの根性悪の輩までいて、性格を疑うサイトだわ。

仕方なく、半時間ほどかけて探し回ったところで
ようやく何もせずに視聴が可能なサイトを発見でするんるん

私の場合、皆で観ようじゃないか〜TVと言う事で、
生中継を観たい方は、一番下のサイトでやってますぞ。
まだまだ9時間近く有りますから 暇な方は観ましょう。

lemans-2009-24.jpg

今回は、NSXとは全く関係のない記事であるのだが、
その昔、我らがNSXもターボを装着して参戦した事も。

95年の事 GT1クラスのNSXのターボ車が序盤で早々に
リタイアしてしまったのだが NA車の方は頑張った、
が 深夜にクラッシュし、修復したものの義務周回の
数不足となり完走扱いとならなかったが、ちゃんと参戦

悪天候の中を果敢に攻めた、チーム高橋国光さんの
NSXが GT2クラスで優勝を果たしたのが記憶に新しい。

GT1クラスのターボエンジンNSXは、ル・マンの後に
鈴鹿サーキットなどでテスト走行を繰り返したのだが、
それ以降姿を消しており、GT1クラスの参戦は1995年を
最後に終了した。 そして、翌年の96年は GT2クラスに
チーム国光のみが参戦したが、予想以上にライバルの
ポルシェやフェラーリの進歩が・・・クラス3位でした
以後ホンダ車の参戦は残念ながら・・・ないですね〜失恋

95nsx.jpg

と、NSXの話は置いておいて、下のリンクで今年の
ルマン24の 生中継を観ようではありませんか、皆さんひらめき


2009 Le mans 24時間耐久レースの 生中継サイト。


タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:19 | モータースポーツのお話し

09ニュルブルクリンク24時間耐久レースの結果〜(^^)

NSX日記〜、久々の更新であります〜(^_^;)

少々仕事が忙しくて、NSX日記の更新も出来ず、
ほったらかし状態でしたが、ようやく仕事も片付き

それでは〜♪と、最近自分でも凝っている、NSXの
上質な中古車
を探して、みんなに ご報告・・・、
と行きたかったのですが、その前に つい最近修了した
歴史ある、草レースの大御所、ニュルブルクリンク
24時間耐久レース結果なんかを 載せておきましょう手(パー)

結果なんぞ、ご存知に方も多いでしょうが・・・、
まあ 知らない方のために、一通りお知らせしましょう。

終わってみれば、上位10位までがドイツ車でござるわーい(嬉しい顔)
もうすぐ姿を現すであろう、トヨタのLF-Aなんぞは、
見る影も ごじゃらん〜(>_<) まあ蓄積された
データ量が、モノを言う訳で 長い歴史を持つ会社と
新米ぺエペエのトヨタさんじゃ、戦う土俵そのものが
まるで違っておりましたな〜(^_^;) とりあえず
こうして参加し、膨大なデータを取る事で、彼等に
近づく訳だから、これからも 長く参加してもらいたい。

国産勢では、日産のZが 見事にドイツ車以外での
トップを取っておる事を声を大にして報告したいですな
よく頑張った〜、総合11位でゴールしたですからね〜ひらめき
モーターレース関係のニュースでは、惨敗のLF-Aの方を
詳しく取り上げられてるが、こりゃ逆でしょうよ!

LF-A.jpg

LF-Aなんぞ、総合87位でなんとか完走を果たしたのだが
実はクラス違いの、シビックのも負けてるわけで、
お話にならんがね〜(@_@;) と言いたいもんです。
もう一台のLF-Aなんかは 炎上して、おじゃんですがく〜(落胆した顔)

価格なんか、シビックの10倍はするでしょうから・・・
こう言った結果を、ニュースとしてあまり出したくない
・・・とのトヨタの車企業としての身上も分りますが、
キッチリ重ねて、器量などは完成されていくわけだから
来年も、その次も ぜひ参加していただきたいもんです。

この過酷なレースを制覇したのは、やはりと言うべき
ポルシェ・911 GT3 RSRです。マンタイ・レーシングが、
大会史上初となる、4連覇を達成して 今年は修了〜(^^)
とにかく耐久となると、ポルシェは無敵ですな〜るんるん

porushe 911gt3rsr.jpg

なので、NSXに代わる時期・温泉特急として、
911ターボが・・・
私の中で 筆頭の存在となっておるわけですが、
この大不況で、これも影響を免れず、かなり値も
こなれており、お買い得な911の996ターボが、
今一番の、興味のある存在なんです。

なんせ、つい最近まで1000万強の値でしたが、
いまや、600万円台でゴロゴロしておりますがね〜揺れるハート
それも カーボンブレーキのオプション装着車なぞが。
もう少し、値が下がるまで 持つことに〜\(~o~)/

さてさて、その耐久の王者が 連続4冠したレースの
結果などは下のリンクで 詳しく知ることが可能です手(チョキ)


ニュルブルクリンク24時間レース結果

そして、NSXオーナーズミーティングの講師である
清水和夫先生が ドライブされる、インプレッサSTIの
車内映像なども なかなか楽しいので載せておきますか。



タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 16:06 | モータースポーツのお話し

NSXの産みの親 ホンダは・・・、悔しい〜(>_<)


NSXの生産を行ったホンダさん、さぞ悔しい〜(^_^;)

本日は、なかなか その心中を察すれば・・・
と言う記事で行きましょう〜(^_^)v

出社は NSX NSX-R なんかは、ほったらかしで
いつもどおり、ひざ小僧ガリガリさせながら、
愛車のスーパーバイク、RC45君である事は、
言うまでもありません〜(^^)/ ばいく、最高〜揺れるハート

RC45.jpg


んで お昼休みに、心中を察すればなかなか複雑?
ってな記事を読んでおったのですが・・・

コピペして、貼り付けておきましょうかね〜ひらめき
それは、ロス・ブラウンが語ったお話の一部ですが、



「 Hondaは、ほぼ保証された成功を目前にして、
F1から去ったことを“悔しがっている”と、
新たにチームを引き継いだオーナーの
ロス・ブラウンが主張している。

本業に集中するためチームを手放すことを決定した
本田技研工業から、象徴的な1ポンドでの
マネジメントバイアウトによって、ブラックリーを
拠点とするチームは、ブラウンの手にわたった。

彼らが撤退したことを非常に悔しがっていることは
間違いないと思っている・・・」と、ブラウンは
『Bloomberg(ブルームバーグ)』通信に語った。

Honda幹部から多くの書簡を受け取っているし、
チームが前進を遂げたのは確かだから、彼らは大変
悔しいはずだが、彼らのビジネスにとっては
必要なことだった

過去2年、散々な結果に終わったチームだが、
2008年シーズン中から現在は BGP001と名付けられた
シャシーの基礎にHondaの巨額資金が投じられてきた。

今やメルセデスエンジンを積む“ブラウンGP”の
マシンは2009年シーズン開幕からの、2戦共に
ポールポジションを獲得し、2連勝を達成している。

また、バーニー・エクレストンは、本田技研が
その撤退前に勝てるマシンを設計したことに
気づいていなかったことが、最も驚きだと話す。

彼らは巨額の資金を投じながら、その成功を
手にできなかったが、おそらくそのポテンシャルに
気付けなかったのだろう

彼らがそれを分かっていたのなら、本来は
このすべてが、Honda F1チームのものなのだから、
彼らが去ることは、なかっただろうと思う・・・。」




・・・、ってな記事だったのですが〜、

いや〜、当事者たるホンダさん、悔しいでしょうな。
ライバルチームのトヨタも、大健闘しているし・・・

rbp001.jpg


まあ、こう言う事は往々にして、世の常でごじゃるわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

株を売った翌日から、舞い上がり〜(>_<)・・・
あ〜!しまった事をした・・・なんてな事も同じ枠内。

ただ その違いは、私的な事と大企業で起こった事の
違いだけに、結果論ですが、損害額も甚大かつ膨大〜失恋

まして、車販売のブランドイメージを構築する絶好の
フィールドで起こしてしまった事だけに、ホンダさん・・、

我々も、その心中を察するのは難しい事ではないですな!

さて 少々早いのですが、仕事を片付けて、少し
遠回りをして、帰宅することに致しましょうかね〜るんるん

良い天気晴れで、仕事するのもアホらしいですから(^_^)v
膝を 擦り擦りしながら、気持ちよく退散しましょう。
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 15:34 | モータースポーツのお話し

ブラウンGP 圧倒的な速さでフロントロー独占 (F1オーストラリアGP予選) 

ドアマットチームの逆襲〜(^_^)v ブラウングランプリ。

F1オーストラリアGP予選フロントロー独占ひらめき 
今回は、今 話題のブラウンGPの話し〜手(パー)


rbp001.jpg


BGP001・・・このマシン、NSX日記の中で、
何度も報告していた車なのですが、ホンダが、
昨年の 一シ〜ズンを棒にふってまで開発に
勤しんんでいた、2009年参戦用のシャシーで、
RA109をベースにしている物です。

ホンダとしては、現在世界を荒らし回っている、
未曾有の大不況が なんとも恨めしい限りですな〜がく〜(落胆した顔)

ロスブラウンの下 いま騒がれているこのマシンが、
ホンダの車としてF-1界を、牛耳るはず・・・
だったわけですから その無念さは想像に容易い。

さて、このブラウンGPについてですが・・・

何処に行くやら危惧されていた頃、突然の決着の末
それまでホンダF-1チームプリンシパルを務めていた
ロス・ブラウンの下へ譲渡が決定されて・・・、

と思った翌日、ロス・ブラウンGPのチーム体制が
発表されたと思ったのも束の間、次の日になり、
ホンダの隠し玉が、いきなりBGP001と命名され、
早々と、シェイクダウンを 行いました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ホンダが、一年間開発に勤しんだ車がこれで、
今全世界を覆う 世紀の大恐慌が もう一年遅ければ、
この車がホンダをしょって サーキットを闊歩のはず。

ベールを脱いだ、BGP001なるホンダの秘蔵っ子、
その資質は、実際愕くべきものだったのですなひらめき
なんと昨日の予選で 楽々1位 2位を独占してしまい、
事前の噂は、本物だった事を証明してしまいましたな。


少し、そのスペック等を載せておきますか〜(^^)/

昨シーズンの早くから、今シーズンを見据え設計、
開発に着手していたため、空力デザインに他社と比べ
際立った、新しいコンセプトが用いられていますぞ。


     ★ブラウンGP BGP001(元のRA109)主要 ★

    シャシー構造 カーボンファイバー及びハニカム構造
    サスペンション ウィッシュボーン型、
    プッシュロッドトーションバー&ダンパー

    ダンバー ザックス製

    ホイール BBS製鍛造マグネシウム

    ブレーキ ブレンボ製キャリパー、
    ディスク及びパッド(カーボン素材)

    ステアリング ラック&ピニオン(パワーアシスト付)、
    カーボンファイバーステアリングホイール

    エレクトロニクス FIA(MES製)
    標準コントロールユニット

    トランスミッション カーボンコンポジット
    メインケース、電子油圧制御7速セミオートマチック

    クラッチ カーボンプレート

    <ディメンション>
    全長 4,700mm
    全高 950mm
    全幅 1800mm

    <エンジン主要諸元>
    エンジン名称 メルセデス・ベンツ FO108W
    排気量 2.4リッター
    気筒数 8
    最高回転数 18,000rpm(FIA 規定に則る)
    Vアングル 90°
    ピストン口径 98mm (FIA規定)
    バルブ数 32
    重量 95kg (FIA規定最低重量)
    燃料 Mobile1製無鉛(5.756%のバイオ燃料含む)
    潤滑油 Mobile1製


RC45.jpg

良い天気なので、本日は NSX-Rでの出勤でなく、
愛車 RC45での出社なんですが、仕事も片付き、
この記事更新後は、プチツーリングでもしながら、
遠周りをして、帰宅することにしましょうか〜るんるん
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:11 | モータースポーツのお話し

ホンダの元・秘蔵っ子マシン 下手すりゃ 二位以下を周回遅れに!

NSX達は 納屋の中で 冬眠中〜(^^)v

いや〜、空気が乾燥して まことに良い天気晴れ
で、バイクに乗るには 絶好の季節になりました。

本日は祝日を絡めれば3連休と言う方も多いのか
かなり 道路が混雑している中を、V4エンジンを
軽やかに回しながら、我が愛車 RC45と事務所に。

RC45.jpg

途中、バイクのツーリング軍団とすれ違いながら
自分も 仕事なんか止め このまま目的地を変え、
温泉にでも行ってみようか・・・てな 誘惑に
かられもしましたが、思いとどまり 事務所に到着手(パー)

実際 バイクなら、道路の混雑や渋滞なんてもんは
全くの無関係な要素で、まず間違いなしに 予定する
時刻に目的地に到着できますから・・・方向を変えて
温泉に行こうぜ〜いい気分(温泉)なる 誘惑と言うか 心の叫びも
聞こえたりしたのですが、グッと我慢の通勤でした。


仕事も片付け、パソコンでアチコチのサイトを
訪問していたのですが、あるサイトで立ち止まり
それを詳しく読んでみると、元ホンダのマシン
ブラウンGPの もの凄さは、どうやら本物のようです。

rbp001.jpg

ルーベンス・バリチェロが語っているのですが・・・

他チームを全く寄せ付けないほどの速さを見せる車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
ホンダの秘蔵っ子(となるハズだった) BGP001について、
巷で飛び交う規定違反の噂を一笑にしつつ 答えてます。

「僕らが 違法かって聞いてるのか? そりゃあ、
ライバルによくやったって言うよりは、
レギュレーション違反だって言う方が簡単だよ」

「僕らのチームは、レギュレーションをしっかりと
守ってる」とバリチェロは、スペインのスポーツ紙
Marca(マルカ)に 主張しているのです。

36歳になるベテランと、チームメートである
イギリス人のジェンソン・バトンがテストで見せた
強烈な周回ペースは ブラウンGPが、来週末の日曜に
迫った オーストラリアGPで、2番手ドライバーなどを
周回遅れにして 軽々と優勝するのではないか・・・
という予想が、記者・関係者から飛び出すほど。

そう言う事もあり 規定違反云々が飛び回った訳で、
それに対しルーベンス・バリチェロが反論したのです。

彼は、控え目に こうも 話しています・・・、

「オーストラリアでは、トップ3チームに食い込める、
と信じている。 つまり、フェラーリ、トヨタ、
BMWザウバーだ。ルノーの アロンソが大穴かな」

また ホンダが一年を棒にふり、ブラックリーで
製造していたシャシーは、その前身である RA108と
比べ 素晴らしい躍進を遂げている事も コメント。

ただ、ホンダV8エンジンから メルセデス製の
エンジンに変わったことも 忘れてはいけないです。


それについてもバリチェロは・・・、

「メルセデス・ベンツのエンジンは扱いやすいし、
とても力強い。 けれど、一番の秘訣は チームなんだ。
いつでも 最上のものがそこにあるんだよ。」

そう話すバリチェロは、目前に迫った09年シーズンの
開幕への興奮を隠そうともしない様子でしたから、
今年の 元ホンダは、かなり期待して良さそうですよ。

まあ、私はF-1なんぞより、MOTO-GPですが〜るんるん

あと この記事を読んでて 興味を惹かれたのは、
バリチェロの本音が聞けた事です・・・、

「平等な扱いと自由、ミハエル・シューマッハの
いないチームを求めて、フェラーリを離れたんだ。
今の僕には、それに加えて速いクルマがある」・・・
とルーベンス・バリチェロが、語っていたのです。


ルーベンス・バリチェロ.jpg
不満タラタラ時代の ルーベンス(~_~)

やはり、最良のセカンドドライバーひらめき との称号は
ルーベンスにとって 我慢とストレスだけの賜物、ってな
大変 歯がゆいものだった事も、ここで語っております。

英文ゆえ、読むのに苦労しましたが・・・、
今年のF-1は、ホンダファンには痛快なシーズンかも手(チョキ)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 21:45 | モータースポーツのお話し

旧ホンダは、なんと優勝候補の筆頭に奉られてます(~_~)

ホンダが08年を棒に振って開発した車は凄かった!

NSX日記の 第301回目は、NSXの生みの親会社の
苦渋の選択で、手放した車のお話です・・・

1年間 棒に振ってまで開発に勤しんだそれは、
実際 空けてみるとかなりの実力を備えていた様で
ライバルチーム達を震撼、大衝撃をもって打ちのめし
驚愕をもって 迎えられているようですが・・・、
そうなると、悔しいのはホンダであるのは明らかです。

元・ホンダF-1である ブラウンGPの公式練習において
すでに 皆さんもご存知でしょうが、断トツのタイム。

早々と、 マッサなんぞは 白旗宣言まで出す始末わーい(嬉しい顔)

マッサ.jpg

詳しくは次のリンクでどうぞ→ マッサが語るF-1分析。


ところで、このブラウンGPについてですが・・・

何処に行くやら危惧されていた頃、突然の決着の末
それまでホンダF-1チームプリンシパルを務めていた
ロス・ブラウンの下へ譲渡が決定されます・・・、

と思った翌日、ロス・ブラウンGPのチーム体制が
発表されたと思ったのも束の間、次の日になり、
ホンダの隠し玉が、いきなりBGP001と命名され、
早々と、シェイクダウンを 行いました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

ホンダが、一年間開発に勤しんだ車がこれです。
今全世界を覆う 世紀の大恐慌が もう一年遅ければ、
この車がホンダをしょって サーキットを闊歩のはず。
ベールを脱いだ、BGP001なるホンダの秘蔵っ子、
その資質は、実際愕くべきものだったのですなひらめき

rbp001.jpg

またその影で、悲惨な目に遭った人物もあります、
未曾有の超天才 アイルトン・セナの甥っ子である、
ブルーノ・セナなんか、ホント悲惨そのものがく〜(落胆した顔)

ホンダのF-1売却以前、もしかするとルーベンスの
代わりにシートを得るであろうと思われた彼ですが、
結局ブラウンGPにおいて ドライバーはバトンと、
ルーベンスでのコンビ継続が発表となりました。

それには テストが出来ない最初のシーズンという事で
百戦錬磨・経験豊富な 元コンビを選んだ訳でして、
まあ、ボスのブラウン氏の下した結論は、当然の事と
理解できるのですが・・・、去年末より ホンダにて
テスト走行を繰り返し、ホンダのF-1加入を狙っていた
ブルーノ君は、親会社のホンダ撤退により その話も
おじゃんな上に、状況を見守っているうち 彼が元いた
GP2のシートも埋まってしまい、自分の行く場所までも
無くなってしまった・・・と言う泣くに泣けない結末。

この大不況って奴は 思えば いろんな会社にビルって
だけでなく、未来有望な新人に対しても影響を及ぼす
とてつもなく悪い奴だった(・・過去形ではないですが)
訳で ブルーノ君にとりゃ、親の敵以上に憎いでしょうふらふら

もう直ぐ、あまり興味のない 機械仕掛けのF-1の
09年度が開幕ですが、今年は この元ホンダの車である
ブラウンGPを応援する事で、少しは 観る気もするかも。
まあ何にしても、MOTO-GPの開幕の方が待ちどうしい手(チョキ)

とりあえず、明日は本日出社により 休日振り替え、
で 何をするかと言えば・・・

NSXとゴルフに、ETCるんるん

ゴルフは、あまり必要性を感じませんが・・・、
NSX君には何を差し置いても絶対に必要な機器です、
温泉特急として、次の車検までは活躍してもらわねば。

明日は 朝から70キロほど離れた街に出向き、ETCを
装着してまいろう、と 考えておる次第ですが、
相当に混んでいるようですから、早起きが必要条件かも。
皆さんの中で 取り付けてない人は早めに購入ですぞ〜手(パー)

そうそう、ブラウンGPのHPのリンクは下のリンクです。

official site of the Brawn GP F1 Team

タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 20:45 | モータースポーツのお話し

ホンダのF-1の行き先は・・・、ロス・ブラウン〜♪

 
ホンダF-1チームの売却先が決定〜(^_^)v

先ほど、お昼休みの最中、いろいろと
パソコンを触りながら、検索していると・・・、

やっとこさ、ホンダF-1チームの譲渡先が
決まったようなので、この場を借りて ご報告です手(チョキ)

コピペで申し訳ないのですが、
取り急ぎの朗報なので、ご勘弁を〜(~_~;)


F-1.jpg


----------  HONDA F-1 行き先決定晴れ -----------


ホンダF1チーム、ブラウン代表が買い取ることに!

参戦継続へ〜るんるん


自動車のF1世界選手権から撤退したホンダの
F1チーム売却が、6日、成立した。

チーム代表で技術責任者だったロス・ブラウン氏が
チームを所有、代表の座にとどまる。

名称はブラウンGP・F1チームで、ドライバーは
ジェンソン・バトン(英)と、ルーベンス・バリチェロ
(ブラジル)が残留、エンジンはメルセデス。

3月29日に決勝が行われる開幕戦、豪州GPから参戦。

 
ホンダは昨年12月の撤退宣言から、英国に本拠を置く
チームが参戦継続することを前提に、売却交渉を
進めてきた。
世界的不況の進行から交渉は難航してきたが、
ぎりぎりで売却で決着した。


ロス・ブラウン.jpg


ホンダは、
「存続を第一に協議を重ねてきた。
一緒に戦ってきたブラウン氏に売却出来て、うれしい」
(モータースポーツ担当・大島裕志常務執行役員)と言う
コメントを出した。


---------------------------------------------


とのことで、とりあえずHONDAのエンジンでは
なくなってしまいましたが、そのスピリッツはともかく
何となく、寂しい思いをしていた現状からは脱却です揺れるハート


ホンダの名前は、こうして F-1界から消えて
無くなってしまいましたが・・・、陰ながら、
元・ホンダのF-1だった、と応援していきたいですね手(パー)

まあこれで、一安心できました〜わーい(嬉しい顔)



ついでですが〜、
先ほど NSXの燃料を満タンにして着ましたが・・・

やはり、ハイオク価格が2円ほど上昇しておりました失恋

一つ前の NSX日記で申したように、この先
燃料価格はジワジワと上昇する気配が 忍び寄りますな!

困ったものです〜(@_@;)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 14:25 | モータースポーツのお話し

NSXの燃費は、リッター車並み〜(^_^;)

NSXで過去最高の燃費を記録〜♪

自営〜、この特権の一つとして最たるものは
自由に休みが取れる事〜るんるん に尽きるかもです。
その分、何もかも自分でしなけりゃならんのは、
表裏一体パッケージ? として付属してますが手(パー)

と言う事で・・・しばらく1人で暖かい地方に
NSXをお供に 地方の温泉巡りをしてきた次第です。
行き当たりばったりの、飛び込み宿泊でも、
快く引き受けてくれるのが、田舎温泉宿の良いところ家

これが有馬だの湯布院だの、あるいは黒川とっ言った
名の通った(名が通っているだけで、それが良いとは
限らず、湯布院以外は、有馬何ぞは最悪温泉の一つ!)
場所にある温泉ホテルや 温泉旅館なんかは、
それが可能とは限らず、胡坐をかいた殿様商売です。

こう言う有名温泉も、この未曾有の ご時世です、
ブランド温泉の名にしがみ付き、お客さんを 蔑ろにし
惰眠を貪ってるようでは、いずれは倒産の憂き目に・・・、

と言う事で、私の好きな温泉は 地方にある、
名も あまり知られていない様な、寂れた温泉〜いい気分(温泉)

今回も、そう言う温泉を調べ上げ、温泉特急の
NSXを従えて 一人旅に行ってきた次第なんですが、
温泉名を挙げてもよいのですが・・・、
読者の皆さんも まず知らない温泉地ばかりなので
某温泉たちとしておきますか〜わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

その某温泉から帰ってきて、帰宅早々に領収書と、
ガソリンのレシートをまとめ、来年の確定申告用の
引き出しに入れる前に、NSXの燃費を計算したのですが

総走行距離は1678キロを走破しておりまして、
それに要した NSXの食費は113,8リットルです。
なんとなんと、燃費は 14,8キロ/リッター〜るんるん
高速道路を淡々と走り、信号などが あまり無く、
GO-STOPの少ない 田舎の道を5速キープで巡航した
その結果が、この値を授けてくれたものでしょうな。

燃費最高のNSX.JPG

愕くべき燃費を温泉特急は示してくれた訳ですが、
普段の使用では、かなりそれも悪化しつつあります。

四捨五入すれば、20万キロにもなる、我がNSX君、
一つ前の記事で申したとおり、そろそろ動力部の
オーバーホールの時期に差し掛かりつつあるようで、
VTECによる開閉(バルタイ)の、そのリフト量変化も
以前ほど、体感的に感じられなくなってきています。

やはり、ホンダも 日産のNISMOのように、NSX用の
コンプリートエンジン発売を、所有者としては、
望む処なのですが・・・、一向にその気配は無し〜失恋
RB26をスワップしてしまおうか、の気持ちも・・・、

まあ、元々ターボ車のように ある領域から
グワ〜、ってなトルク変動を起こすわけではなく
慣れてしまった・・・、という事かも知れませんがひらめき


さて、帰宅して パソコンに電源を入れたら、
我がパソコンは ネットにつながりません〜がく〜(落胆した顔)
何でも、無線LANをいじったようで、新機種に変えたら
調子が悪くなったとのことで、今は有線!による
記事の更新をしている最中なのですが・・・

これがやたらと不便!寒いところにノートを持参し、
座り込んで、パコパコやる始末。
原因が不明との事で、古い機器を再接続してますが、
それにより設定が狂い、我がパソコンを認識せず失恋
どうせ、新しい機器が今週末に来ることですから、
二度手間やるのも面倒で、この状態で我慢しますかね。

NSX君、最高の燃費〜揺れるハート と喜んだものの、
人生良い事ばかりが 起こるわけでなくこれも現実。
しかし、もう一つ良い事がありましたが・・・、
それはレース界のお話です、バイクの件ですが、

MOTO-GPからKAWASAKIが撤退し、少々寂しくなったな、
と思っていたのですが、ワールドスーパーバイクの
世界選手権の方で、BMWが参戦を発表したらしいのです。
これは、大歓迎〜るんるん MOTO-GPは車で言えば
F-1のようなもので、資金も膨大!

ところが このワールドスーパーバイク選手権(SBK)は、
そんなに資金も掛からず、市販車をベースとした
スポーツバイクで戦うレースゆえに親近感も大あり手(パー)

レース専用の超高価なプロトタイプマシンで戦う
MOTO-GPと異なり、スポーツバイクの人気が高い
ヨーロッパでは、SBKでの成績と人気が、売れ行きに
直結!するのでメーカーとしても このカテゴリーに
力を入れやすいわけで、車販売の大不振が続く、
BMWとしても二輪車で、何とかしようと考えたのかも。

なんにせよ、各二輪メーカーがこぞって参加して
ガチンコ勝負のレースになる事は必至で、相当期待大手(チョキ)

今年はMOTO-GPよりSBKの方が面白いかもですよ〜。

NSX日記〜♪、久々の更新で長々と書きましたが、
溜まった仕事も膨大で、この先 いつ書けるやら〜(?_?)
ですから、長々した長文を 許しておくれなませ〜です手(パー)

タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:10 | モータースポーツのお話し

クリスマスプレゼント〜♪ には、こう言うオイルが欲しい?

NSX日記も たまには、明るい話題を〜(^_^)v

最近は世の中の不景気話ばかりで、
いろいろ苦労されてる方々の事を思えば、
景気の良い話をしいても・・・、
顰蹙をかうだけのものですから、努めて
景気の悪い、暗〜い話ばかり書いていました。

・・・、が もうすぐ クリスマスですひらめき
日本は 仏さまの国ですから、外来種の信仰なる
クリスマスを 仏教の国で祝うのも・・・
良く考えれば 変ですが、まあ堅い事を言わず、
この際 童心に戻って、X'MASを祝いましょう(^^)

と言う事で、このところの原油安から、
ガソリン価格が下がり続けたのも、X'MASの
プレゼントの一つでしょう♪ おかげさまで、
NSX-R、NSX君たちも カバー掛けの状態から
開放され 通勤の足として活躍中ですから、
彼等にもX'MASプレゼント〜♪ を、と思い
2台まとめて、オイル交換をしてあげました。

いつもは、ホンダスーパーカブ用の
安物OILなのですが、この度は奮発して、
いつものGSスタンドで、高級なのをチョイス。
化学合成の代表オイル、モービル1〜(^_^)
しかし、何の違いも感じられませんから、
次の交換には、元通りスーパーカブ用のにわーい(嬉しい顔)

実際、高級オイルとスーパーカブ用のモノとの
違いを、体感できる人が居れば驚きです・・・、
と言うか あろうハズがありませんね〜(^_^)v

人間の感覚なんて、黙って 高級オイルだと言って、
スーパーカブ用のを入れられたとしたら・・・、
お〜、やはり高級オイルは違うわいるんるん、と
思ってしまうのが、ごく普通です。

常時、高回転を使いまくり 熱的に厳しい状態に
在る訳でなし、時々レッドゾーンまで回す程度の
公道走行の車なら、最低限の仕事をしてくれる
普通の鉱物オイルで、上等なのですね〜(~o~)

馬鹿みたいに、高級オイルばかり選んで
まめに交換するのは、全くの無駄使いですな。

サーキットを走りに行こうかな てな時に、
それらを選べば良い訳で、今回私がしたことも
全くの無駄〜\(~o~)/ ただ、クリスマスだから手(チョキ)

何となく、日頃のご褒美の様なものでして、
それも、年末限定サービス!と言う期間でして、
オイル全品半額セールだからこそ、の賜物でした。

ホンダスーパーカブ用のオイルと 大して
違わない価格に騙されて?交換した様なもの。
ずいぶん昔に、NSX日記の中で オイルについて
書いていますから・・・、高級オイル依存症?
の方々は、その記事をご覧あれ〜手(チョキ)


NSX-Rの ビタミン〜(^^)/・・・ウルトラGP
oil交換.jpg


もう いっちょ、おまけでこういう記事もるんるん

NSX〜はスーパーカブ!NSXのOIL交換について。


交換後の NSX-RNSXに乗って、何か違いを
感じられるか・・・と 神経をその部分に集中させ、
全感覚を張り詰めて、オイルによる 動力機関の
違いを感じ取ろうとしても、全く何の違いも
感じられず、あ〜 無駄ムダ〜(~_~;)でした失恋

当たり前の事でしょうね〜、こんなもので、
何十馬力も高能率化が量れたり、エンジンに
即・違いが出るようでしたら、車の企業が
サッサと導入している訳で、即効性はなし!
・・・つまるとこ、高級オイルというのは
漢方薬のようなもので?、ジワジワとその
効力をを発揮、長い目で見れば動力機関の
寿命なんかを 延ばしてくれるもの!

ただ、その前に 20万キロも走行すれば
誰しも オーバーホールをするでしょうから、
その漢方薬も、なんの足しにもなりゃしない!
至って 全くなんの意味も無い 高級オイルの
無駄金使いなる、本当の姿が見えてきます目

NSXオーナー皆さんもホンダ純正スーパカブ用
ウルトラGPを使えば、格安で済みますから、
来年迎えるであろう 世紀の大恐慌に向けての
備えの一つになりましょうぞ〜(^_^)手(チョキ)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:53 | モータースポーツのお話し

ルノーの株価は80パー以上下落! アロンソ大丈夫(@_@;)

ホンダも、トヨタに負けません〜?

最近の、超が付く不景気の世の中で
ガソリン価格の下落だけは 大歓迎の一つるんるん

とりあえず、こんな地方の田舎でも
ようやく 軽油価格が3桁割れになり、
100円未満の価格になって来ましたが・・・、

何だか、変な様相に成りつつあります!
灯油や軽油価格の下降速度が ガソリンの
それと比較して、かなり鈍いのですね〜(?_?) 
下手すりゃ、プレミアムガソリンを除けば
軽油と、普通のガソリン価格との
値段の差が無くなり、今や4〜5円程度の差がく〜(落胆した顔)

こりゃおかしい! 以前は15〜20円近くの
開きがありましたから、何処かでズルをしている!
友達の 漁師の方々が文句を言っておるのも
理解できます・・・
彼等にしては、生活するのに必需の要因が、
こんな高い水準で、いまだ まかり通るご時世。

下げるのならガソリンよりも、灯油や軽油を
真っ先に落とすべきもので、これから本格的に
寒くなる地方に住まれる方々には、灯油価格が
重い負担となる訳で、国は一体なに考えてんだか!

買い物や行楽、休日のドライブなどなど・・・、
生活するのに さしあたって、そう必要とは限らない
ガソリン価格なんてのを 最初に下げたところで、
ありがたく思うのは、私のような温泉旅行を
趣味とする、一般のドライバーがほとんどです。

漁船に使う軽油、家庭を温める必要のある灯油、
これらはガソリン価格以上に下げる事が先決ですが、
下降のグラフは ガソリンの値段が一番早いふらふら
こうして燃料価格が下がっても 色々と文句を
付けたくなるほど、国を動かす、アホ連中の
やる事の頼りなさ・・・、自民党が諸悪の根源!

未だ、道路を作るのに、暫定税率いるんだ!
とのたまう、大馬鹿連中の集まり。
こんな物、早く無くしゃ、漁師さんたちは、
みんなニコニコ顔で、正月がむかえれますが。

まあ、燃料費が一時ほど財布を苦しめませんから、
このところ、わが通勤快速の足も、バイクや
ゴルフディーゼルターボ君ではなく、NSXわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

本日も、この間購入した ホイール洗浄剤で
足元スッキリ、ピカピカの状態で活躍中ですが、
一つ問題が起こりました(>_<)
左側のスピーカーが寿命を迎えたようで・・・、
バス〜!って音がしたと思ったら、それ以後無音!

NSX達とは、まあ 長いお付き合いですから、
何が起こったのかは、即・理解していますが、
これはまたまた、内張りを剥いで街の電気屋に
依頼しなければ・・・、ホンダに持っていくと
新品に交換され、法外な値段を請求されますふらふら

NSXのスピーカー・・・これらは、パネルを開けると
基盤があります、コンデンサの具合を見ましょう。
液漏れしていたら、町の電気屋さんに依頼です〜るんるん
ここを修理すれば、簡単に解決出来ますから(^^)v
それも、ボーズ新品の 5%!ほどの出費で完了。
今回も同じ事を行きつけの電気屋に持ち込む予定。

中古を検索したら・・・ディーラーで買うよりは
かなり安い、25000円で売られていましたが、

ホンダ NSX NA1 純正スピーカーBOSE
NSX純正スピーカー.jpg

それでも、電気屋の方がメチャ安いですから、
NSXのオーナーさんは、私と同じ症状が出たら、
街のちいさな電気屋さんに、駆け込む事ですひらめき

さて、今日のタイトルは・・・、一体何〜(?_?)、
ですが・・・実は、トヨタも大減益で難儀中ですが、
本日発表された ホンダの経営状況もかなり深刻!
トヨタに負けてはいません!、と言う事なのです!
深刻さ加減は、アメリカやヨーロッパでは本格的で、

なんとなんと、ついこの間 私の記事に登場の
ゴーンさんがおられる、ルノーなんかは悲惨どんっ(衝撃)
株価が80パーセント以上も下落して・・・、
この値、自動車業界ナンバーワン!
実際、大丈夫かしら〜(^_^;)ってな落ち込み方。
アロンソ君も、ゴーンさんに呼ばれたそうで・・・、
ホンダ同様 もしかしたら、ルノーもF-1撤退(?_?)

このように、自動車業界を取り巻く暗雲は・・・、
留まるところを知らないようですな〜(+_+)
タイトルに記したその意味は、ホンダも下半期

1400億円の赤字〜!

と言う事でした・・・トヨタほどではないですが。
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 13:52 | モータースポーツのお話し

NSX日記 久々の更新です〜(^_^;)

NSX日記を ほったらかし〜(^^)

・・・で、何をしていたかと言うと
NSXや 何やかんやを所有しての日々の出来事を
日記調に、書き綴っておる訳ですが、実は、

こう言う無料のサイトですから、何時いきなり
抹消されても 誰にも文句いえませんから(@_@;)
転ばぬ先の杖!ならぬ、静的サイトの方へ、
全〜部 移行を検討中でして、仕事がてら
空いた時間に、その構想を練っておる訳です。

まあ、安いサーバーを借りて、ブログ形式の
MTなんかを用いた、これまで通りの日記形式に、
あるいは、完全にほったらかしの 静的サイト!
として、書き直すか・・・、フォーマットを
なかなか決めれず、とりあえずはサーバーだけ
契約して、MTをそのサーバーにアップして、
フォーマットを 組み込んでいた次第ですが・・・、

やはり、静的サイトの方にも魅力揺れるハートを感じ、
タグをゴチャゴチャとかき回し、書き上げた
モノを I・Eや FOXに出してみて、出来上がりは
どんなのかな〜?と 色々プレビュしてもおります。

とにかく、これを職業に日々食べていると言う、
アフェリが専門の人間ではありませんし、
全くの 趣味の日記ですから、このままの調子で、
ブログタイプの、NSXやバイクを持ってみての
出来事や その日あったこと 世の中の情勢なんかを
書き綴るのも 中々棄てがたい・・・、(@_@;)
と、かなり悩んでおる次第ですが・・・、

立ち上げるには、暇人間と言う身分でもなく
相当な時間を要しますので、だいぶ先に・・・わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
まあとにかく、今までのログをエクスポートし、
保存だけでもしておき、コツコツやりましょう。

で、やっとこさ仕事を終え、お昼です。
休憩中に、アチコチのバイク関係を調べていたら、
興味深い記事を発見しました。
今日はモーターレース関係の記事に致しましょうるんるん
少し前に、セバスティアン・ローブがトロロッソの
マシンに試乗して、行く行くはF-1に参戦か・・・、
見たいなニュースが流れておりましたが、

まあ、ラリーの天才は ターマックでも
グラベルでも 何でもこいのの技量ですから、
そりゃもう 何に乗っても、かなり速い!
彼は、何度もルマンにも参戦しておりますから、
その辺あたりは、とっくに経験済みで 将来有望。
ところが、今日のお題はローブ君ではなく、

v_rossi.jpg
2輪界の 大天才のお話〜(^_^)v

世界中で 大人気の未曾有の大天才、ロッシ君ひらめき
最近 MOTO-GPのチャンプ ダッシのご褒美として、
フェラーリから 2008年モデルのF-1カーの
シートに座り、テスト走行です。
まあ イタリアの本国でも、大スターですし
フェラーリからすれば いい宣伝にもなるでしょう。

彼は、以前にもフェラーリF-1マシンの
ハンドルを握り、ポンと乗っただけで、現役だった
ミハエルの、コンマ数秒落ちで走行しており、
フェラーリが欲しがるのも 分りますが・・・、
彼はラリーの方が お好きな事から、現実として
F-1加入は、無かったのですが・・・、
今回またまた、そのフェラーリに試乗です。

ラリー好きは有名で、何度も世界選手権には
参加していますが、そこでもかなりの成績で、
将来2輪界を卒業した暁に 4輪に行くでしょうが、
こうなると、どちらに この未曾有の天才が、
加入するのか、大変興味が出てきましたね〜るんるん
インプレッサで WRCに参戦していましたから、
私としては、日本の車を使う、ラリーに行って
もらいたい気分ですが・・・、

Vロッシ.jpg

フェラーリで走る ヴァレンティーノも見たい。
若かった彼も もうすぐ三十路に突入で そろそろ
4輪!、って言う雰囲気なのかもしれませんが、
後何年かは ヤマハM1での活躍が契約により
決まっておりますから、数年後が楽しみです。

さらに、セナの甥のブルーノもその頃には
F-1パイロットとして参戦しておるでしょうから、
そうなりゃ、全く面白くないこの頃のF-1も
観る気になるかも、しれませんな〜(~_~)

本日はNSX君での ご出勤でしたが・・・車(セダン)
その訳は、ゴルフ君・・・この頃の冷え込みで、
熱湯をエンジンの上から かけて上げなきゃ(+_+)
なかなか始動してくれず、お湯を沸かすのも
面倒ですから、何もせず 即スタートしてくれる
NSX君の登場となったのでした、チャンチャン手(パー)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 15:10 | モータースポーツのお話し

元F-1チャンプも、バイクがお好き〜(^^)/

ミハエル・シューマッハの近況報告〜(^_^)v

今日は 天気予報によれば、雨風強く
荒れた天気になるはず・・・、
が、大外れで 朝は薄曇りでしたが、
雨なんぞ 1滴も落ちてこず、お昼からは晴れ晴れ

なもんで、本日の 出勤御用達車は 久々に
NSX君が勤めてくれました〜(^_^)v
ここんとこ、このNSX NSX-R達 2日に1度は、
火を入れはしますが 静止したまま〜(^_^;)
1ミリも! 動かしてもらってもいない状態で、
こりゃまずいかな〜、とのことで・・・
今朝は NSX君を引っ張り出した訳ですが、

どうも面白くないふらふら 何がと言うと、
ハイテクナビが搭載された ゴルフ君の場合
ちょっとした時間でも、ナビをいじり回して
かなり楽しいのですね〜るんるん

DVDが再生出来ることで、ゴルフ君には、
昔のミュージシャン達の コンサートの模様を
DVD-Rに焼いて 運転している間も お気に入りの
グループのコンサートを観ながら(聴きながら)、
楽しく通勤が出来、この頃の通勤時間が
とても充実していたのですが・・・、

NSX君には、BOSEのオーディオが純正で
装着はされていますが、いまどきあり得ない
CDチェンジャーと、カセット〜がく〜(落胆した顔) 情けなや!
まあ、NSX-Rの様に、全く何も無いよりは
だいぶマシとは言え、ハイテクHDDナビが
積まれた ゴルフ君に慣れてしまうと・・・、

15分ほどの 距離にある事務所までの時間の
長い事長い事〜(>_<)  その分、持ち前の、
走行性能を試しながら、かっ飛ばせりゃ
それでも我慢できるのですが、車の多い
一般国道や公道では、大人しく走ろう〜(^^)/
が、モットーですので・・・、軽トラの後を
ノソノソと 亀さんよろしくの安全運転です車(セダン)

着くまで長かったですが、無事に会社に
到着した後は、仕事をサッサと済ませ お昼です。
そのお昼休みに、パソコンでスポーツ関係の
アチコチのサイトを覗いていたら・・・、
大変興味深い記事を発見いたしました〜\(~o~)/

なんと、シューマッハ君 バイクに転向の兆し!
未曾有の天才ライダー、ヴァレンティーノの
後に乗せてもらった事は 知っていましたが・・・、
味をしめたのでしょうか?? それにしても
もうすぐ40歳になる 元F-1チャンプは、
いきなり MOTO-GPは無理としても、
CBR1000RRを改造したワールドスーパーバイクに
跨り、カッ飛んでいるではないですか〜(^_^)v


MOTO GP.jpg

バイクの楽しさは、乗らなきゃ分らんですが、
ようやく この元F-1チャンプも 理解したようで、
仲良しの 同世代の元GPライダー、カルロス君と
仲良く走り回っておるようです。

彼の言葉によれば・・・、

”ワールドスーパーバイクのバイクに乗ることは、
自分にとってひとつのステップであり、
ただ、とても難しい。 このテストでの自分の
目標は、乗ることを楽しむことだが、同時に
学ぶことでもあった。 このチームは大きな
可能性を秘めている。 将来、一緒に
何かすることが できるかもしれないし・・・、”

実際 彼は、2006年を最後に引退して以来、
二輪レースへの時間を費やしており、今シーズン、
IDMスーパーバイクシリーズにおいて、ホンダの
CBR1000RRでレースに出場してもいたようですね。

その ミハエル・シューマッハ君、フランスの
マニクール・サーキットで、SBKに参戦する
元MOTO-GPライダーの カルロス・チェカとともに、
Hannspree Ten Kate Honda Firebladeをテスト。
ここでチームは、シューマッハに、なんと
レースバージョンのバイクをテストする機会を
提供した訳で・・・こりゃ本気のようですよ〜わーい(嬉しい顔)

超天才の ヴァレンティーノ ロッシとまでは
いかなくとも、ミハエル君 ある程度の成績を
残してくれりゃ 嬉しいですね〜ぴかぴか(新しい)

私としては、応援しようと思いますが・・・、
年寄りの冷や水〜、ってな声も聞こえてます!

彼の バイクを運転する動画は下のサイトで

元F-1チャンプのライディング〜(^^)
タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 20:17 | モータースポーツのお話し

NSXオーナーズミーティングでごじゃる〜(^^)/ 出発・・・風邪なり(T_T)

久々の NSXドライビングスクール


lNSXミーティング.jpg

おはようございます〜(^_^;)
こんな時間に、起きるのは・・・数ヶ月ぶり!
逆に、この時間に寝るのは毎度の事〜、ですが。

と言う事で、今から三重県の鈴鹿まで自走車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
出発でございまする〜♪・・と生きたいのは、
山々ですが、風邪を引いて仕舞い、とても
音符が付く様な ルンルン気分では在りませんもうやだ〜(悲しい顔)

でもせっかく申し込んだのですから、
気力を振り絞って行って参りましょう(@_@;)
薬を飲んででも、行くっきゃない〜!
と、ヘロヘロではありますが、出発の準備を
終えたところですが・・・、

今日を含め、2日間 このNSX日記を
更新できませんから、簡単に記事更新を
しておこうと、朝のとうから PCの前で
出発前に、パコパコ遣っている次第ですが、
最初に申したとおり、風邪を引き込んでしまい

頭は痛いわ、鼻水ズルズル〜(>_<)だわ、
サイテ〜のコンデションですが・・・、
まあ 好きな事しに行く訳ですから、
行きゃ、こんなものなんとでもなるでしょわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
鼻に ティッシュ詰め込んででも?、鈴鹿まで
辿り着こうと、意気込みだけは充分ですが、

サーキットに着いたわいいが、鈴鹿のホテルにて、
熱を出し、寝込んでしまいそうでもあります(-_-;)
なんせ、乗っていく車は、NSX-Rですからね〜、

愛車の NSX-Rエンジンのを掛けただけですら、
頭にガンガン響いてきます〜(@_@;)
お気楽車で無いのが、こう言う時に響きますが、
まあそれも縁ですから、一生大事にしましょう。
さて、ソロソロ飲んだ薬も効いて来たようで
鼻水もしっかり止まって来ましたからるんるん
頑張って、行って来ると致しましょう〜(^^)/



今回は、NSX-Rを・・・、
横向けて? 走せない様にしなきゃ、
"前回から 何も進歩していないですな〜!"
と講師先生方に、即・言われてしまいますから、
しっかり MRの利点、グリップ走行に
専念するよう 自分に言い聞かせての出発〜手(チョキ)

まあ、ドリフトは楽しいのですが、
タイムが全て!って世界で生きてきた講師達ゆえ、
走って遅くなる、MRでのドリフトだけは、
すかさず、文句を言ってきますからね〜(~_~;)

これだけは、譲れない!
ってモンなのでしょうな、講師先生方にとって。


それでは、行ってまいると致します〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 07:39 | モータースポーツのお話し

ヴェイロンを ぶち抜く?、蒸気機関〜(^^)/

NSX日記始まって以来の、蒸気機関車〜(^^)/

本日、お昼休みに アチコチのサイトを
拝見していたら・・・、なんとも興味深い
記事を発見いたしましたので、ご報告です手(チョキ)

とりあえず、NSX日記とは言うものの、
何でも かんでも あり〜(^_^;) の、様相を
呈してきましたが・・・、まあ 読者さんに
喜んで頂ければ、それで本望〜(^^)なる日記ゆえ、
それこそ、何でもあり!なのです、・・・が、

今回のは、かな〜り、異色なんでございますね〜がく〜(落胆した顔)
なんと、シュポシュポ〜ダッシュ(走り出すさま) 蒸気機関を題材です!

それも、レコードブレーカーのエンジンとして、
蒸気機関を用いると言う、なんとも不気味な?
車の ご紹介を致しましょう〜\(~o~)/

これを見たとき、冗談でしょう〜(@_@;)と、
思いましたが、ご当人達はマジもマジみたいですな。


レコードブレーカー.jpg

上の画像は、英国蒸気自動車クラブが現在、
開発を進めている、自動車による速度記録
(Land Speed Record)更新を目指したスピードカー。

自動車による速度記録は、国際自動車連盟、
(Federation Internationale de I'Automobile)が
ルールを設定したもので 1898年にはフランスチームが
電気自動車を使って記録した、時速63.15キロ〜(^^)
を出し、最初の世界記録を出したのを皮切りに、
その後、次々に世界記録が更新される状況が。

現在の世界記録は、1997年にイギリスチームが
ターボファンジェットエンジンを搭載した
自動車(・・と言うより ジェットエンジンに車輪を
付けた様な物体の方が正しいかも・・)で、記録した
時速1233.704キロがく〜(落胆した顔)が最高なんですね。

FIAのルールでは自動車を駆動する機関として、
電気モーター、蒸気機関、ガソリンエンジン、
ジェットエンジン、の 4種類に分類されており、
英国蒸気自動車クラブでは、1906年に米国チームが
達成した 蒸気自動車による世界記録の
時速205.44キロ〜、を更新しようというものです。

その上で、英国蒸気自動車クラブでは 蒸気機関の
エネルギーを使って、5:1の比率で歯車を組む事にり、
最終的には 3000rpmの回転を生み出すことを目指し、
それにより なんと、シュポシュポダッシュ(走り出すさま)なる 和み系の
エンジンで時速320キロを目指しているのだそうです〜、
なんだか ほのぼのと平和な感じで、よろしいですなるんるん
残念ながら、ヴェイロン様には届きません〜(ーー;)

このクラブ、本来は蒸気機関の クラシックカーの
収集・保存などを目指したクラブとの事で、
蒸気機関好きが高じて、ここまでのものを作ってしまう!
というのは、はやり趣味人は凄い〜!の一言です(^_^;)
この車?シュポシュポ〜と、蒸気の煙を吐きながら、
NSXや、NSX-Rなんぞ、軽〜く置き去りにする訳で
・・・なんだか、時代錯誤に陥ります〜です(~_~;)/

タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 01:00 | モータースポーツのお話し

ラリーあがりとしては大歓迎〜\(~o~)/

ロッシ.jpgライコネン、WRC入り〜(^^)/

NSX-Rのオイル交換を済ませて、
控えたNSXスクールへの準備を
準備万端にしておこうと納屋に篭り
先程までホイールの締め増しやら、
もしクラッシュに曹禺した時がく〜(落胆した顔)
ライトレンズや ウインカーやらの
飛散防止のガムテープ等々・・・

何か忘れてないか、よくよく調べていたら、
愛娘が呼ぶ声に呼ばれて、家のほうへ・・
すると、見てても つまらないだけの
F-1中継が放映中で、最後の方だけを見る事・・TV
イヤ〜♪、かなり・・・どころか、相当に、
面白いレースでしたね〜(^^)/  、ってか、
レースの、初め部分は知らないのですが、
皆さん 雨の中、スリックタイヤで、思いっきり
ズリズリ〜を通り越し、ドタバタ走行でござるわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

彼等の腕を持ってしても、制御不能な状態の
大変面白いレース、となっておりまして、大興奮!
応援した、ライコネンがドカ〰ンどんっ(衝撃)と 壁に
ヒットしたところで、この面白いドタバタレースも
幕引きとなりましたが、それまでにF-1ドライバーの
ウエットレースでの、技量と言うものが、
よ〜く分りました。 彼等は、こう言うミューが低い
路面でのドライビングってのは、あまり上手では、
ないんですね〜(^_^;) やはり同じ人間なんだな〜、
って、変なところ感心しましたが、

ラリーの天才児、セバスチャン・ローブが、
ちょっと前に、言っていた事が、良〜く分った
レースでもありましたね〜ひらめき
そのラリーの天才が言っていたのは・・・こうです。

ターマックやグラベルと、サーキットでの
レースとの違いを考えれば、F-1ドライバーの、
ラリー転向は、まず 難しいだろうね〜!、
というです。セバスチャンの申される その人、
誰の事を指しているかと言えば、キミライコネン。

ライコネンは、あまりF-1に対する思いもなく、
前から興味のあったラリーに、それもラリー最高峰
WRCへの参加の意志を 持っているようでして、
フォードチームとの接触が、少し前の WRC関係の、
記事の中で報じられていましたが・・・、

なるほど、ライコネン、ローブの言う事は、大筋で
的を得ているようですね・・・今日のウエットでの
スリックタイヤによる あのドタバタ振りなんかを
見ていると、やはりラリー業界に参入したところで
ローブの敵とは、まず なり得ないでしょうな〜(^^)

私のラリーのアイドルは、かなり古いのですが(^_^;)
ビヨルン・ヴァルデガード! 彼の走りは凄かった!
北欧のラリーストは、こう言うズリズリ路面が
無茶苦茶上手なハズで、同じ北欧系のライコネンも
WRCに来たら、ローブがなんと 言おうが、
かなり鋭い走りをするに違いない・・・、との、
私がたてた 目論見も、今日のレースを見る限り

あ〜(@_@;) こりゃダメだ〜がく〜(落胆した顔)、ですな〜。
餅は餅屋ですわ! やはり 己の土俵以外は・・・、
F-1ドライバーとは言っても、歯が立たないのは、
当たり前かも。  世界の一流が揃う、色んな
スポーツを考えて見ても、当然の事でしょうね〜。
あの、マイケル・フェリップスですら、われらが、
平泳ぎ康介君の土俵に来れば、相手にされない!

と 思ってもいたら・・・、1人だけ、
もの凄い男が居るのを、思い出しました〜(^^)/
バレンティーノ・ロッシるんるん 彼はポンと乗った
フェラーリのF-1で、ミハエルシューマッハの
僅か、コンマ秒落ち! さらに彼の趣味は、ラリーるんるん
自分でインプレッサを持っており、それを駆って、
WRCに参加するほどの腕前なんですね〜!

天は彼に、2物どころか 3物も4物も与えた?
ようですね〜、まあ稀有な存在ひらめき

フェラーリが、彼を欲しがるのも分りますが、
私としては、WRCに行ってもらいたい・・と言うか、
彼自身も、そっちの方を希望していますゆえ、
(ロッシにしてみりゃ、機械制御だらけの
F-1レースは、全く!つまらん、の一言だそうです)
数年後には、ローブ君もウカウカしていられないよ。

う〜、私も、昔取った杵柄ならぬ、ラリーの性分が
NSXスクールにて 発揮してしまいそうで・・・、
またしても、オーナーズミーティングの先生方の、

"こら〜、MR車でドリフトしてどうすんの〜ちっ(怒った顔)"

と言う、叫び声が、聞こえてきそう〜です(@_@;)
"そりゃ、MR車の、サイテ〜の運転テクニック!"
と言う、清水和夫講師の声が・・・わーい(嬉しい顔)手(パー)


タグ:ホンダ NSX
posted by 新車中古のNSX at 00:33 | モータースポーツのお話し
カー用品格安通販店


PSPゲームソフト専門の格安通販 PSPゲームソフト専門店

任天堂DSゲームソフト専門の格安通販 DSゲームソフト専門店

NSX日記トップへ戻る〜るんるん

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。